現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. 株式・投信
  5. 東洋経済兜町特捜班
  6. 記事

ノエビアは連日の高値、IPO再開を先取り関連株買い続く

2009年8月27日11時4分

 ノエビア(4916・東2)は、12円高の1074円と続伸し、連日の年初来高値更新となっている。9月11日に約2カ月ぶりに新規株式公開(IPO)が再開され、同社と同業態のシーボン(4926・JQ)が新規上場されることを先取り、比較感が働いて割り負け訂正買いが続いている。シーボンは、スキンケア製品などを直営店舗で販売する化粧品メーカーで、8月24日に仮条件、9月2日に公開価格が各決定されるスケジュールで上場準備が進んでおり、訪問販売や子会社で店舗販売を展開しているノエビアと類似性がある。ノエビアの業績も、シーボンを上回る高水準が続いている。円高が売り上げを圧迫しているが、「豆乳イソフラボンシリーズ」が続伸、美容液「フェイスコンシャス」の新発売などが寄与しているもので、今9月期第3四半期業績は、増収減益で着地したが、期初予想の9月通期業績に対して高進捗した。通期純利益は、前期計上の特別利益の反動で23億円(前期比21%減)と見込んでいるが、高進捗率、第4四半期の高級化粧品拡販から上ぶれ期待も高まる。株価は、PER19倍台、PBR0.8倍、配当利回り3.3%と割り負けており、9月11日のIPO再開に向けツレ高展開が想定される。

投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン
東洋経済新報社
Copyright TOYO KEIZAI INC. All rights reserved.著作権は東洋経済新報社に帰属します。無断転載を禁止します。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内