現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. 株式・投信
  5. 東洋経済兜町特捜班
  6. 記事

ツクイは3日ぶり反発、公募増資発表で当面はモミ合い

2010年4月7日10時34分

 分割後安値のツクイ(2398・JQ)は3円高の478円と3日ぶりに反発。昨年9月に2分割の権利を落とし、11月以降は500円を下値に底堅く推移していた。4月に入って500円の大台を割り前日6日(火)は475円と権利落ち後の新安値をつけた。5日に200万株の公募増資を発表したことで1株利益の希薄化が気にされたようだ。同社は1983年に介護事業に参入、介護では歴史がある。地域での信頼が高く「総合福祉ツクイ」の名前が浸透している強みがある。高知県に拠点を開設予定で、これによって、全県を網羅する。在宅介護事業に加え、有料老人ホーム、人材開発の3事業を展開。とくに、サービス維持向上のため、すべて直営で展開する。今回の増資は、介護付有料老人ホームの拠点を拡充するための資金調達。価格決定は4月14〜同20日までの日、払い込みは4月21〜同27日までの日となる。5月12日発表予定の10年3月期決算は四季報では営業利益16億円(09年3月期16億3600万円)、11年3月期では18億円の見通し。公募価格決定まではモミ合いが予想される。

投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン
東洋経済新報社
Copyright TOYO KEIZAI INC. All rights reserved.著作権は東洋経済新報社に帰属します。無断転載を禁止します。

PR情報
検索フォーム

兜町特捜班


    朝日新聞購読のご案内
    新聞購読のご案内 事業・サービス紹介