[PR]

 [24日 ロイター] - <中国・香港市場> 中国株式市場は安く寄り付いた後、小幅高に転じて引けた。後場に小型株が上昇し、資源株の下落分を相殺した。

 金属価格が数年ぶりの安値を付けたことを嫌気し、コモディティ関連株は軟調だった。宝山鋼鉄<600019.SS>は0.51%安、中国アルミ(チャルコ)の上海上場株<601600.SS>は0.95%安、雲南銅業<000878.SZ>は1.14%安で引けた。

 香港株式市場は続落して引けた。上海市場と同じく、資源株が下落し全体を押し下げた。

 <ソウル市場> 4営業日続伸して引けた。しかし、海外勢の売りが出たうえ、コモディティー(商品)価格の下落で資源株に圧力がかかり、上げ幅は限定的となった。