[PR]

 [30日 ロイター] - <中国・香港市場> 中国株式市場は激しい値動きの後、小反発で取引を終えた。先週27日に5%超の大幅下落を記録したのに続き、きょうも主要株価指数は下げ幅を一段と広げたが、引けに近づくにつれプラス圏へと持ち直した。

 香港株式市場は続落して終了した。ただ、中国本土市場がプラス圏に回復したことから、投資家心理は落ち着きを取り戻している。

 <東南アジア市場> 中国の株安を嫌気し、総じて下落した。ジャカルタ市場が下げを主導。バンコク市場は序盤で上昇したが、その後公表された経済統計がまちまちの内容で、値を消す展開となった。

 <ソウル市場> 続落。先週急落した中国株が下げ幅を拡大したのを受け、投資家がリスク回避に動いた。

 *内容を追加しました。