[PR]

 [18日 ロイター] - <中国・香港市場> 中国株式市場は小反発して取引を終了。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の会見で、米連邦準備理事会(FRB)議長は弱い世界経済に言及し利上げを見送った。これを受けて小幅上昇して引けた。

 香港株式市場も小反発して取引を終えた。中国市場同様、FRBが利上げ見送りを決めたことを好感した。

 <ソウル市場> 約1%上昇して取引を終えた。米FRBが9月の利上げを見送ったことから安心感が広がり、世界の市場は不透明要因を長く引きずるのではとの懸念が弱まった。

 <東南アジア市場> シンガポールとマレーシアの株価が反落したが、その他の市場はほぼ横ばいだった。政策金利の据え置きを決めた米FRBの今後の動向を見極めようとの姿勢が強まった。

 *内容を追加して再送します。