[PR]

 [23日 ロイター] - <中国・香港市場> 反落。財新/マークイットがきょう発表した9月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が6年半ぶりの低水準に落ち込んだことを受け、急激な景気悪化に対する警戒感が高まった。

 中国市場では、主要セクターのすべてが下落、CSI300エネルギー指数<.CSI300EN>は3.5%下げた。一方、深センの新興企業向け市場、チャイネクスト<.CHINEXTC>は0.2%高。

 香港でもすべての主要セクターが売られ、なかでもエネルギー株<.HSCIE>が4%超の下落と、最も大幅な下落率を記録した。

 <東南アジア市場>大型株への売りや、インドネシア通貨ルピアの下落を背景に、ジャカルタの株価が4週間ぶり安値に下落した。中国の製造業景況指数が弱い内容たったことを受け、世界各地の株式市場と同様、域内各国の株価も下落した。

 <ソウル市場> 反落。財新/マークイットが発表した9月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が予想を下回り、6年半ぶりの低水準となったことを受けて中国経済への懸念が台頭し、外国人投資家の売りが膨らんだ。