[PR]

 [16日 ロイター] - <中国香港市場> 中国株式市場は続伸。一時、7週間ぶりの高値水準をつけた。中国の新規人民元建て融資が9月に大きく伸びたことを受け、両主要指数ともに週間上昇率は6月初旬以来4カ月半ぶりの大きさとなった。

 香港市場も続伸した。一時、2カ月ぶりの高値水準まで上昇した。中国政府が追加刺激策を打ち出すとの期待や、米国の年内利上げはないとみる期待感の高まりが背景。

 <ソウル市場> 小反落。2カ月ぶり高値から押し戻された格好となった。最近のウォン高が国内輸出企業の業績を押し下げるとの懸念から、自動車株が下落、総合株価指数<.KS11>の下押し圧力となった。

 <東南アジア市場> 大半が上昇した。海外勢主導の買いで、マレーシアの株価指数は約2カ月ぶりの高値に上伸した。

 *内容を追加します。