[PR]

 [28日 ロイター] - <中国・香港市場> 中国株式市場は反落して取引を終えた。大引け近くになって大量の利食い売りが出て、両主要指数ともに下落幅を拡大した。

 香港株式市場も反落して取引を終了した。大引け前の利食い売りで反落して引けた中国本土株に追随。銀行株と保険株が下落相場をけん引した。中国の景気減速が銀行の利ざやを圧迫し、不良債権比率拡大を助長するとの懸念が高まった。

 <ソウル市場> 小幅に続落して取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明発表を控え、投資家の多くは様子見姿勢。

 <東南アジア市場> 総じて下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)声明発表を控え、クアラルンプール、マニラ、ジャカルタ、バンコクの各市場が海外勢の売りに押された。また、低調な四半期企業決算も地合いを悪化させる要因だった。

 *内容を追加しました。