[PR]

 [3日 ロイター] - <中国・香港市場> 中国株式市場は続落。5中全会で審議されていた第13次5カ年計画の詳細を見極めたいとして神経質な展開となった。上海A株の売買高は1カ月ぶりの低水準だった。

 香港株式市場は反発。前日の米国株式市場で、ナスダック市場に上場する非金融銘柄で構成するナスダック100指数が15年超ぶりの高水準で取引を終え、世界の株式相場が上昇したのにつれ高となった。

 <東南アジア市場>ほぼ全面高。国内投資家の戻りが続く中、ジャカルタは続伸した。ただ、バンコクは投資家の利食い売りに小幅下落した。

 <ソウル市場> 続伸して取引を終えた。自動車株が、10月の販売台数が予想を上回ったことを受けて上昇。現代自動車<005380.KS>は2.5%高、傘下の起亜自動車<000270.KS>が4.7%高となった。