[PR]

 [9日 ロイター] - <中国・香港市場> 中国株式市場は続伸して取引を終えた。中国の証券監督当局が先週6日、3カ月以上凍結していた株式新規公開(IPO)を今後数週間以内に再開させる意向を示したことが市場で好感された。3カ月余り活気を失っていた株式相場がここに来て9月の底値から20%以上値を戻したため、規制当局はセンチメントが十分回復したと判断したとみられる。

 香港株式市場は続落して終了した。中国本土株の上昇や、香港市場に上場した中国の投資銀行、中国国際金融有限公司(CICC) <3908.HK>が公開価格を上回る初値を付けたことで前場は小反発したものの、後場に入って利食い売りに押された。

 <ソウル市場> 続落して取引を終えた。米雇用統計が予想よりも堅調な数字となったことから12月の米利上げ観測が高まり、警戒感が広がった。