[PR]

 [28日 ロイター] - <為替> ドルが続落し、4週間ぶり安値を更新した。北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡り、米国とメキシコの2カ国が前日合意したことを受けてリスク選好が改善、安全資産としてのドル買いが引き続き後退した。ただ、売り一巡後は下げ渋った。

 主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は足元0.1%安の94.717。

 米国とメキシコが合意したことで、焦点はカナダが新協定で譲歩するかどうかに移行した。ドルはカナダドル<CAD=>に対して0.2%安。対円<JPY=>では0.1%高の111.23円。

 経済指標では、8月の米消費者信頼感指数が133.4と、市場予想の126.7を上回り、2000年10月以来約18年ぶりの高水準を記録。ドル相場の下支えとなった。

 また中国人民銀行(中央銀行)がこの日の人民元の対ドル基準値(中間値)<CNY=PBOC>を1年3カ月ぶりの大幅な元高水準に設定したことも、リスク選好の全体的な改善につながったという。

 ユーロ/ドル<EUR=>は0.2%高の1.1694ドル。

 <債券> 国債利回りが短期債から長期債にわたり上昇した。前日に米国とメキシコがNAFTA再交渉協議で合意したことで世界的な通商戦争を巡る懸念が緩和したことに加え、米財務省がこの日に実施した5年債入札が底堅い結果となったとが背景。 

 通商問題を巡る懸念が緩和したことで、安全資産としての米国債の持ち高を減らす動きが出る中、財務省の国債入札が国債価格の圧迫要因となり、特に長期債を中心に利回りが上昇した。

 財務省がこの日に実施した5年債入札は規模が370億ドルと、前月の入札から10億ドル拡大された。落札比率は間接入札者が66.24%、直接入札者が9.01%だった。応札倍率は2.49倍と、4月以来の低水準となった。

 終盤の取引で10年債<US10YT=RR>利回りは2.886%、30年債<US30YT=RR>利回りは3.034%と、ともに3.5ベーシスポイント(bp)上昇している。 

 これに対し2年債<US2YT=RR>利回りは1bp弱の上昇にとどまり、利回り曲線はスティープ化した。2年債と10年債の利回り格差<US2US10=TWEB>は2.5bp拡大の21.5bp、5年債と30年債の利回り格差<US5US30=RR>もやや拡大し、25.8bpとなっている。

 <株式> 上昇。S&P総合500種とナスダック総合は3営業日連続で最高値を更新して引けた。貿易摩擦懸念の後退が引き続き相場を支援したが、利益確定の売りに押される場面もあった。

 米国とメキシコが前日、NAFTA再交渉で大筋合意したことを受け、投資家の注目はカナダとの交渉の行方にシフトした。

 個別銘柄では、宝飾品のティファニー<TIF.N>が1.0%高。第2・四半期決算は予想を上回り、通年利益見通しを引き上げた。

 小売大手シアーズ・ホールディングス<SHLD.O>は12.6%高。アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>との提携強化が買い材料になった。

 ファストフードレストランを展開するヤム・チャイナ・ホールディングス<YUMC.N>は3.9%高。

 米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙は、同社が、中国投資会社ヒルハウス・キャピタル・グループが率いるコンソーシアム(企業連合)の提示した買収案を拒否したと報じた。

 電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>は前日に続き売られ、2.3%安。

 カナコード・ジェニュイティは、テスラの第3・四半期のモデル3生産台数が会社予想(5万─5万5000台)およびアナリスト予想を下回るとの見通しを示した。

 <金先物> 利益確定の売りなどに圧迫され、3営業日ぶりに反落した。中心限月12月物の清算値は前日比1.60ドル(0.13%)安の1オンス=1214.40ドル。 金相場は前日に清算値ベースで約2週間ぶりの高値を付けていたが、この日はその反動から利益確定の売りが出やすかった。

 <米原油先物> 続伸の後を受けて利益確定の売りが台頭し、3営業日ぶりに反落した。米国産標準油種WTIの中心限月10月物の清算値は前日比0.34ドル(0.49%)安の1バレル=68.53ドル。11月物の清算値は0.32ドル安の68.22ドルだった。

 

 (※関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)