[PR]

 [30日 ロイター] - <為替> このところのドル下落が継続。トランプ大統領が大統領選延期の可能性に言及したことを受けた。ユーロは2年ぶり水準に上昇した。

 トランプ米大統領は30日、ツイッターへの投稿で郵送投票に改めて不満を示し、11月に予定されている大統領選を延期する可能性に言及。これを受け、ドルが下落に転じた。

 米商務省がこの日発表した第2・四半期の実質国内総生産(GDP)速報値(季節調整済み)は年率換算で前期比32.9%減と、統計の記録を開始した1947年以来最も大きな落ち込みとなった。 また、米労働省が発表した25日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は143万4000件と、前週から1万2000件増加した。国内で新型コロナウイルス感染が再拡大する中、一時解雇の増加が続いている。

 主要通貨に対するドル指数<=USD>は0.38%安の92.995。今月は4.5%下落しており、月間では2010年9月以来の下落率になる水準。

 ユーロ<EUR=>は一時、18年6月以来の高値となる1.1844ドルに上昇。終盤は0.4%高の1.1840ドル。

 この日はドイツの第2・四半期国内総生産(GDP)速報値が季節調整済みで前期比10.1%減となったことが、序盤のユーロの重しになっていた。

 英ポンド<GBP=>は10営業日続伸し、一時は3月以来の高値となる1.3091ドルに上昇。終盤は0.71%高の1.3087ドル。

 <債券> 国債利回りが数カ月ぶりの低水準。過去最大となった第2・四半期の米実質国内総生産(GDP)速報値やトランプ大統領が大統領選延期の可能性をツイッターに投稿したことなどが影響した。

 午後の取引で、指標10年債利回り<US10YT=RR>は3.8ベーシスポイント(bp)低下の0.5429%。一時3月9日以来の低水準となる0.538%を付けた。

 5年債利回り<US5YT=RR>も0.228%に低下し、過去最低を更新。経済・政治両面での不透明感を受け、国債への買いが強まった。

 2年債と10年債の金利差<US2US10=RR>は前日終値から約2bp低下し42bpとなった。6月5日の68bpを大きく下回っている。

 2年債利回りは1bp弱低下し0.123%。朝方には0.117%と、5月8日に付けた過去最低の0.105%に接近した。 

 <株式> ダウ平均株価<.DJI>が225ドル安で取引を終えた。さえない経済指標が売りを誘ったほか、トランプ大統領が大統領選延期の可能性に言及したことで、市場心理が悪化。ハイテク株の多いナスダック総合指数<.IXIC>はプラス圏で引けた。

 市場では、失業給付を週600ドル加算する特例措置が間もなく失効するなど「財政の崖」への不安が高まっている。また引け後に発表されるアップル<AAPL.O>、アルファベット<GOOGL.O>、フェイスブック<FB.O>、アマゾン・ドットコム<AMZN.O>の決算内容に注目が集まった。

 引け後の取引でフェイスブックは8%高。アマゾンは6%高。アルファベットは2%高。

 通信用半導体のクアルコム<QCOM.O>は15%高。第4・四半期(7─9月)の調整後売上高について、55億─63億ドルになるとの見通しを示した。次世代通信規格「5G」対応端末向け半導体の販売や、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]との訴訟が和解に達したことが寄与し、市場予想をおおむね上回った。

 宅配便のユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)<UPS.N>は14.4%高。四半期決算が好感された。

 <金先物> 連騰の後を受けて高値警戒感が台頭する中、持ち高調整の売りに下落。この日から中心限月に繰り上がった12月物の清算値(終値に相当)は前日比9.90ドル(0.50%)安の1オンス=1966.80ドル。ただ、中心限月の清算値ベースでは5営業日連続で史上最高値を更新した。

 金相場は心理的な節目である2000ドル乗せを前に高値警戒感が広がり、利益確定の売りなどが先行した。一時は1952.30ドルと、1%超下落。朝方は外国為替市場でドル安・ユーロ高の流れにいったん歯止めがかり、ドル建てで取引される金塊に割高感が生じたことも圧迫材料となった。

 ただ、ドル安・ユーロ高が再び進行する場面で金は買い戻され、取引終盤にかけて下げ幅を縮小した。

 <米原油先物> 新型コロナウイルス感染拡大に対する懸念などを背景に、大幅反落。米国産標準油種WTIの中心限月9月物の清算値(終値に相当)は前日比1.35ドル(3.3%)安の1バレル=39.92ドルだった。10月物は1.30ドル安の40.24ドルとなった。

 ドル/円 NY終値 104.72/104.75 <JPY21H=> 

 始値 105.09 <JPY=> 

 高値 105.27 

 安値 104.69 

 ユーロ/ドル NY終値 1.1846/1.1848 <EUR21H=> 

 始値 1.1745 <EUR=> 

 高値 1.1848 

 安値 1.1743 

 

 米東部時間 

 30年債(指標銘柄) 17時05分 101*04.50 1.2043% <US30YT=RR> 

 前営業日終値 100*05.00 1.2440% 

 10年債(指標銘柄) 17時05分 100*24.50 0.5446% <US10YT=RR> 

 前営業日終値 100*13.50 0.5810% 

 5年債(指標銘柄) 17時05分 100*03.25 0.2296% <US5YT=RR> 

 前営業日終値 99*31.50 0.2530% 

 2年債(指標銘柄) 17時05分 100*00.25 0.1211% <US2YT=RR> 

 前営業日終値 99*31.75 0.1290% 

 

 終値 前日比 % 

 ダウ工業株30種 26313.65 -225.92 -0.85 <.DJI> 

 前営業日終値 26539.57 

 ナスダック総合 10587.81 +44.87 +0.43 <.IXIC> 

 前営業日終値 10542.94 

 S&P総合500種 3246.22 -12.22 -0.38 <.SPX> 

 前営業日終値 3258.44 

 

 COMEX金 8月限 1942.3 ‐11.1 <GCv1><0#GC:> 

 前営業日終値 1953.4 

 COMEX銀 9月限 2336.2 ‐95.9 <SIv1><0#SI:> 

 前営業日終値 2432.1 

 北海ブレント 9月限 42.94 ‐0.81 <LCOc1><0#LCO:> 

 前営業日終値 43.75 

 米WTI先物 9月限 39.92 ‐1.35 <CLc1><0#CL:> 

 前営業日終値 41.27 

 CRB商品指数 142.7755 ‐1.5635 <.TRCCRB> 

 前営業日終値 144.3390