大引け速報 「円高を嫌気して反落」

リポート本文へ飛ぶ≫

  9:00 11:30   15:00
日経平均
(前日比)
16050.40
(-146.40)
15836.23
(-360.57)


15967.17
(-229.63)
日経先物
(前日比)
16000.00
(-240.00)
15850.00
(-390.00)
15980.00
(-260.00)
TOPIX
(前日比)
1298.83
(-12.37)
1283.18
(-28.02)
1291.82
(-19.38)
日経JASDAQ
(前日比)
2308.31
(-7.78)
2299.42
(-16.67)
2306.20
(-9.89)
マザーズ
(前日比)
771.65
(-7.59)
770.43
(-8.81)
792.79
(+13.55)
上海市場
(前日比)

2862.35
(-0.54)
2849.10
(-13.79)
  9:00 11:30   15:00








1位 陸運 空運

空運
2位 不動産 不動産 陸運
3位 電気ガス
-
不動産
4位 医薬品
-
電気ガス
5位
-
-
-





1位 鉱業 鉱業 鉱業
2位 証券 石油石炭 石油石炭
3位 非鉄 非鉄 銀行
4位 石油石炭 ガラス土石 ガラス土石
5位 輸送用機器 鉄鋼 非鉄
  9:00 11:30   15:00
値上がり 294 194

380
値下がり 1504 1680 1471
変わらず 131 63 88
新高値 1 1 2
新安値 8 19 23
出来高
(前日同時刻比)
3億株
(0.0億株)
10.9億株
(-0.8億株)
22.9億株
(-3.3億株)
売買代金
(前日同時刻比)
2789 億円
(-91億円)
1320 億円
(-1598億円)
22775 億円
(-4237億円)

■本日のまとめ

 日経平均株価は前日比-146円安の16050円で寄り付きました。

 前日の米国株安や円高を受け、寄り付きから広範囲に売りが先行しました。円相場が1ドル112円台後半へと上昇するとともに先物売りを交えて下げ幅を拡大し、安値では前日比-389円安の15807円を付ける場面がありました。その後も戻りは鈍く、引けにかけて15900円割れの水準で停滞し、前場の日経平均株価は前日比-360円安の15836円で取引を終了しました。

 後場も安値もみ合いで推移しましたが、ドル円相場が113円台に押し返し始めると日経先物に買いが入り、連れて現物株にも買い戻しが入りました。ただ週末という事もあって出来高は薄く、一時前日比-171円安の16024円まで戻す場面もありましたが、引けでは再度16000円台を割り込み、後場の日経平均株価は前日比-229円安の15967円で取引を終了しました。

 東証1部の業種別では、空運、陸運、不動産、電気ガスが上昇し、鉱業、石油石炭、銀行、ガラス土石、非鉄、鉄鋼、輸送用機器、電気機器、保険、機械、証券、繊維などが下落しています。

 <個別銘柄>

 サイバネットシステムが+15.1%上昇しました。

 3日続伸してストップ高で終わっています。18日、米グループ会社のシグメトリックスが開発、販売、サポートする公差マネジメントツールが、米国のDS SolidWorks 社の3次元CADソフトウエアである「ソリッドワークス」の認定ゴールド製品に認められたと発表したことが材料視されています。

 公差マネジメントとは、複数の部品から構成される製品において、要求品質や設計仕様を満足するための適切な寸法公差や幾何公差を検討・設定することで、ものづくりの現場では、寸法公差や幾何公差が正確に設定されていないことから生産性や製品性能に直結する多くの問題が発生していました。シグメトリックスの公差マネジメントツールはCAD図面作成段階において公差マネジメントを行うことで、ユーザーは公差を変更した際に測定対象に与える公差の影響度やバラツキの予測を明確にすることができるといいます。

 トレンドマイクロが-14.2%下落しました。

 前日に発表した決算内容が嫌気されています。前12月期営業利益は310億円で前期比8%減益と従来予想の342億円を下振れ、計画未達懸念を反映していた市場コンセンサスも下振れる着地になり、今期は273億円で同12%の減益見通しとなりました。M&Aに伴うのれん償却額計上で減益の可能性も想定されていましたが、市場予想を40億円程度下回る形になっています。

 売買代金上位銘柄では、サイバネット、東芝、住友不動産、三井不動産、JAL、NTTドコモ、JR東、ブリヂストンなどが上昇しています。

 一方、トレンド、国際帝石、アルプス電気、村田製作所、日本電産、ソフトバンク、マツダ、三井住友、みずほFG、コマツ、三菱UFJ、新日鉄住金などが下落しています。

■上昇した業種上位3業種

 空運  +1.41%
 陸運  +0.99%
 不動産  +0.91%
 
 (4業種上昇)

■下落した業種上位3業種

 鉱業  -8.73%
 石油石炭 -3.52%
 銀行  -3.04%

 (29業種下落)

■東証1部規模別動向

 大型株指数 -1.66%
 中型株指数 -1.16%
 小型株指数 -1.41%

■為替

 1ドル =113円18-22銭
 1ユーロ=125円81-86銭

■アジア市場の動き

 上海市場 -0.48%
 香港市場 -0.60%

 

(情報提供:グッドイシュー株式会社)