現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. コラム
  5. 経済ナビゲーター
  6. 記事

リート(2) 小口で投資しやすく

2009年6月4日10時15分

 Q 不動産に投資するならリートじゃなく不動産を直接買えばいいのでは?

 A 1人で高級マンションを何戸も持って賃貸すれば、うまくいけばもうけも大きい。でも、買うには大金が必要だ。満室が続けばいいが、空室だらけになるかもしれない。見かけはいいが、中身はぼろぼろのマンションを高値で買わされるかもしれないよ。リートは少額から投資できるし、専門家が不動産を選んでいるので透明性は高い。投資家にとってみれば、不動産そのものより投資しやすい仕組みと言える。

 Q マンションが火事で燃えたら大変だ。

 A リートが持っている不動産は一つだけではない。例えばJリートの「日本ビルファンド投資法人」はオフィスビルだけで61件持っている。一つがだめでも、ほかの物件で稼ぐ。分散投資でリスクを小さくする狙いだ。不動産投資は大損する危険性はあるけど大もうけする可能性もある。いわば「ハイリスク・ハイリターン」商品だ。リートは大もうけの可能性は減るけど、大損の危険性も減らした「ミドルリスク・ミドルリターン」の商品だと言えるね。

 Q Jリートの価格(投資口価格)はどうやって決まるの?

 A 株式と同じだよ。東京証券取引所に上場されているので、取引価格は変動している。リートが持つ資産の中身、配当予想、経済情勢など様々な情報をもとに投資家が判断しているということだ。ちなみに価格は新聞の株式欄にも掲載されている。5月末現在の取引価格は、1口7万〜84万円。個人でも比較的手を出しやすい価格で、いわば「小さな大家さん」になれるということだ。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内