現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. コラム
  5. 私のミカタ
  6. 記事
2012年11月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

私のミカタ

今月のテーマ:働く女性の「すまい」に関する意識について

株式会社イー・ウーマン

【11月第3回】記念日は、自宅で過ごす 64%

表:あなたは家族の記念日や季節の行事をどのように過ごしますか?(必須・複数選択可)拡大あなたは家族の記念日や季節の行事をどのように過ごしますか?(必須・複数選択可)

 「住まい」というテーマは、多くの働く女性にとって、大切で身近なテーマであるようだ。記念日や季節の行事をどんなふうに過ごしているかを質問すると、「自宅で料理など作り家族で過ごす」が64.1%と、働く女性の3分の2を占めた。一方で、「家族で外出をして食事や買い物をする」と回答した人は、46.2%。半数近くいるものの、自宅が大きく引き離した。

 働く女性の可処分所得は高い。しかし「大切な日」は自宅で過ごすというライフスタイルが見えてくる。では、働く女性たちにとって、くつろげる家、大切な日に時間を過ごす空間は、どんなものなのだろうか。この知恵が住居の開発に活かされることを期待する。

【調査概要】

調査実施: 2012年10月19日(金)〜2012年10月23日(火)

調査方法: インターネットによる自記入式アンケート  

対  象: イー・ウーマンピア(http://ewoman.jp

有効回答数: 回答 262人

イー・ウーマン

イー・ウーマンは、「生活」と「ビジネス」の両方の視点を持った働く女性たちの知恵を活かして経営課題を解決する、マーケティング及びコンサルティング会社。新商品開発からブランドコンサルティングなどを、企業などに提供。

エッセイ

写真

株式会社イー・ウーマン
代表取締役社長・佐々木かをり

働く女性は、「家での時間」を大切にしている

「日本人は自宅に人を招かない」なんて言っていた時代はとうに終わった。全文へ>>

対談「佐々木かをりのwin-win」

経営者、スポーツ選手、モデル、ビジネスウーマンなどの各界の専門家と、イー・ウーマン代表の佐々木かをりの「ロング対談」。プロ意識やキャリアから、生い立ちまで、佐々木が引き出す相手の素顔が楽しみと、大人気の対談。毎週金曜日11時にサイトアップ。対談相手はすでに100名ほどに。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介