現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. コラム
  5. 私のミカタ
  6. 記事

ファッション・美容。新市場は、働く女性たち

2011年7月6日10時52分

  • 筆者 株式会社イー・ウーマン代表取締役社長 佐々木 かをり

 どこかに新しい市場はないか。そう考えている美容・ファッション業界の方と、私は仕事がしたいと思っている。女性たちはファッションが大好き、女性誌に広告を出せば大丈夫、と思っている広告主は多いのかもしれないが、実は女性といってもいろいろな女性がいる。仕事をしているか、いないかだけでなく、仕事の仕方によっても嗜好性が違う。「OL」と呼ばれる人たちと「働く女性」には、意識や購買行動にも違いがある。日本で働く女性の最大級ビジネス会議を15年以上開催している立場から見ても、また2011年6月に行われたイー・ウーマン調査(http://ewoman.jp)を見ても、その違いと、見逃してきた「働く女性」という新しい市場の可能性がよく見える。収入も高く、購買決定権も持つ彼女たちを新たな市場としてとらえ、いち早くその彼女たちの心をとらえようと動き出す企業は、どこになるのだろうか。

 まずは、ファッション。働く女性たちの85%以上が「いい仕事をするために、ファッションは重要」と回答していが、どんなファッションかは、それぞれ違う。彼女たちの仕事のポジション、業種によって、必要な服装、自分を高めてくれる服装は、違うからだ。「『たしかに似合うけれど、その服装はセクシーでオフィス向きではない』と女性の上司に叱られました。その時はむくれましたが、自分がその上司の年齢になってみてから思い出すと本当に子供だったと赤面します。その上司が私を重要な商談に同行させなかった理由がわかりました」との回答もあったが、まさにその通り。私自身も20代の時は、ビジネス視点で服を選ぶことはできていなかった。上昇志向だが、何を着ていいかわからないという「働く女性」層への商品提供、そして彼女たちに持ってもらうブランドイメージは、今後の重要テーマだろう。

 美容も同じだ。健康志向は高まる一方だが、スポーツクラブ等に通う姿と、エステに通う姿は、多くの働く女性にとって違って見えるのがわかる。「スポーツジム」と「エステ」は印象が違うと回答する人が7割。その圧倒的なイメージが、

「スポーツジムは、自己管理。エステは、他力本願」「スポーツジムは、健康的。エステは、贅沢」「スポーツジムは、健康管理に熱心。エステは、ミーハー、浅薄」「スポーツジムに通っている女性の方が信頼できる。エステに行っている女性は、見かけだけを重視した中身がない人のように感じる」「スポーツジムは、能動的、エステは、受動的」と、働く女性にとって、エステがプラスの印象を持たれていないことが分かる。本来は、自らの収入があり、自由にできるお金もある彼女たち。同じ調査で「いい仕事をするために、美容は重要」と回答した人が8割以上に上るにもかかわらず、エステには足が遠のいている。ここにも大きな市場があることは間違いない。

 そして私個人は、「働く女性」が、専門性や経験を深めることと同じように、健康、美容、ファッションに意識を向けるようになったなら、各分野に魅力的な女性リーダーたちが誕生すると信じている。そしてそのような女性たちが育つための仕事を続けたいと思っている。それだけ「外見」というコミュニケーションも重要だと考えるからだ。そして、魅力的なプロフェッショナルウーマンたちを輩出する美容・ファッション企業のブランドイメージも高まると信じているからだ。

 今までターゲットにしてきた女性たちとライフスタイルや価値観が違う働く女性たちがいることに気付く企業は、ないものだろうか。

プロフィール

写真

佐々木 かをり(ささき・かをり)

国際コミュニケーションのコンサルティング会社、株式会社ユニカルインターナショナル、及び、株式会社イー・ウーマン の代表取締役社長。2000年より、「イー・ウーマン」サイトを展開しながら、ブランドコンサルティング、商品サービス開発、人材研修などを手がける。1996年より毎夏開催の「国際女性ビジネス会議」実行委員長。上場企業の経営委員、政府委員も多数務める。テレビのコメンテータも。著書に「佐々木かをりの手帳術」(日本能率協会マネジメントセンター)「自分が輝く7つの発想」(光文社・知恵の森文庫)など多数。2児の母。ブログも好評

イー・ウーマン

イー・ウーマンは、「生活」と「ビジネス」の両方の視点を持った働く女性たちの知恵を活かして経営課題を解決する、マーケティング及びコンサルティング会社。新商品開発からブランドコンサルティングなどを、企業などに提供。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介