メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

タクシー運転手、頼りはLINE 社会のゆがみ走り抜く

写真:「LINE」で仕事仲間と渋滞や事故の情報などを頻繁にやりとりする(画像を一部加工しています)拡大「LINE」で仕事仲間と渋滞や事故の情報などを頻繁にやりとりする(画像を一部加工しています)

写真:「LINE」で仕事仲間と渋滞や事故の情報などを頻繁にやりとり。ハンドルの右側にスマートフォンを固定して、運転中でも指先だけで操作する拡大「LINE」で仕事仲間と渋滞や事故の情報などを頻繁にやりとり。ハンドルの右側にスマートフォンを固定して、運転中でも指先だけで操作する

 【久保智】長時間労働のドライバーたち。彼らの日々は、効率を追求する社会のゆがみを映す。タクシーの運転手に密着した。

 「いろいろ工夫しないと稼げないんです」。東京都内のタクシー運転手の男性(44)。大切な仕事道具はスマートフォンの無料通信アプリ「LINE」だ。15人ほどの同僚と常時、やりとりしている。

 警察の取り締まり情報だけではない。「きょうはどこがよさそう?」と送れば、「日本武道館でイベント。終わった」と返ってくる。お客目当てに「すぐ行きます」。

 仕事前には自分でもイベント情報をチェックする。漫然と道路を流しているだけでは、客はつかまらない。

 自動車部品をつくる中小企業に勤めていたが、リーマン・ショックのあおりで2009年春にリストラされた。ハローワークでタクシー運転手の仕事を見つけ、軽い気持ちで応募した。

 だが、厳しかった。休憩をけずって車を走らせても、毎月48万円の売り上げノルマはなかなか達成できなかった。道もわからず、客になじられて胃がキリキリ痛んだ。

 先輩に泣きつくと、細かなノウハウを少しずつ教えてくれた。イベント情報のチェックもそのなかのひとつだ。

 タクシー運転手の給料は完全歩合制であることが多い。男性の会社の場合、ノルマを達成すると、売り上げの53%が運転手の取り分に。だが、それに届かないと、取り分は40%に下がる。毎月25万円程度の給料をもらうには、1回の勤務で4万円は稼がなければならない。ノルマに足りないと、自腹で穴埋めする同僚もいる。結局は得だからだ。

続きを読む

最新トップニュース

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

今だけ!朝日新聞デジタルが、月額500円。詳しくはこちら

PR情報

検索フォーム

朝日新聞 金融取材チーム Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • ショッピングカナル型ってなんなんだ?

    今さら聞けないイヤホンの基本

  • ブック・アサヒ・コム働き、守り…人生が揺れた

    東日本大震災時の「独身」に焦点

  • 【&M】武井咲と笑福亭鶴瓶が共演

    「グリーンガム」新CM発表会

  • 【&w】レモン味の炭酸水とチョコ

    ちいさなしつもん 村田沙耶香

  • Astandナチスに抵抗した表現描く

    「ピトレスク」公演評

  • 写真

    ハフポスト日本版 「ムーミン展」開幕

    日本初公開の原画やジオラマも

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報