メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ウナギかば焼き、特売のナゾ 稚魚高騰中なのになぜ?

写真:「土用の丑の日」を前に、スーパーではうなぎの特設売り場がにぎわっていた=11日、千葉県浦安市のダイエー新浦安店拡大「土用の丑の日」を前に、スーパーではうなぎの特設売り場がにぎわっていた=11日、千葉県浦安市のダイエー新浦安店

図:最近のうなぎは高い拡大最近のうなぎは高い

 22日は「土用の丑(うし)の日」。ウナギは最近、稚魚の不漁で高くなっているのに、値下げするスーパーが出てきた。そのからくりは?

 ダイエーは11日、主力商品の「鹿児島県・宮崎県産 うなぎ蒲焼(かばやき、大)」を昨年より2割値下げし、1580円で売ると発表した。13〜15日と20〜22日に店頭で売る分が対象だ。

 会見した山崎康司取締役は「アベノミクス効果は一部の富裕層に出ているが、一般消費財の回復には時間がかかる。家計を応援するため、今後も値下げを積極的に行いたい」という。

 ウナギの稚魚は2011年から不漁で、今年の価格は09年の6・5倍にはね上がった。スーパーなどの小売店が売るかば焼きの値もこの間、26%上がった。

 それなのにダイエーは今年、なぜ値下げしたのか。理由は二つある。

続きを読む

最新トップニュース

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

PR情報

検索フォーム

朝日新聞 金融取材チーム Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • ショッピング無料で台湾に行けるチャンス

    自分の名前と同じ駅名を探せ

  • ブック・アサヒ・コム相続した親の家、どうする

    土地・建物対策…12の実例

  • 【&M】美しきたたずまいに圧倒

    ブルガリ、新作腕時計

  • 【&w】シングルマザーの29歳娘へ

    花のない花屋

  • Astand天使に悪魔に男に女に…

    紫吹と水がフル回転

  • 写真

    ハフポスト日本版 写真が誘う幻想の世界

    独在住、インスタグラムで大人気の作家

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報