メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

日経平均、午前終値1万5554円 円安で値上がり

 22日の東京株式市場は、前日の米ダウ工業株平均が最高値を更新し、1ドル=101円台前半まで円安が進んだのを受けて、日経平均株価が値上がりしている。上げ幅は一時210円を超え、取引時間中としては約半年ぶりに1万5500円を上回った。

 午後1時時点は、前日終値より131円62銭高い1万5497円22銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同6・64ポイント高い1252・95。午前の終値は、日経平均が同188円63銭(1・23%)高い1万5554円23銭。TOPIXは同9・41ポイント(0・76%)高い1255・72。出来高は15億7千万株。

 東京外国為替市場の円相場は、1ドル=101円台をつけ、今年7月以来、約4カ月半ぶりの円安ドル高水準となった。午後1時時点では、前日午後5時時点に比べ52銭円安ドル高の1ドル=101円24〜26銭。対ユーロでは、同1円29銭円安ユーロ高の1ユーロ=136円34〜35銭。

 米連邦準備制度理事会(FRB)の量的緩和策が早期に縮小されれば、米長期金利が上がるという観測などから、円を売ってドルを買う動きが進んだ前日の流れを引き継いでいる。

 株式市場では、円安を受けて輸出関連企業の株式を中心に、幅広い銘柄で買い注文が優勢だ。「外国人投資家が日本株買いの勢いを再び強めている」(大手証券)との見方も株価を押し上げている。

最新トップニュース

PR情報

検索フォーム

朝日新聞 金融取材チーム Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • ショッピング暑い、水が浴びたい…

    自由に持ち運べる携帯シャワー

  • ブック・アサヒ・コム怪獣に魅せられて

    人生最大級の衝撃受けた一冊

  • 【&M】はかなくも温かい地域の記録

    西日本のバス停を紹介

  • 【&w】お客様の笑顔と交換するもの

    あなたにとってのサラリーとは

  • Astand韓国・セックスワーカーの日

    風当たりの強い性労働者がデモ

  • 写真

    ハフポスト日本版 北朝鮮のマスゲームの写真に圧倒される

    「でも、普通の人々の暮らしは、どこにいっても同じさ」

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報