現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. 輸入車試乗会2011

輸入車試乗会2011

 日本自動車輸入組合(JAIA)主催のメディア向け試乗会が、神奈川県の大磯周辺で開かれた。エコカー補助金の終了で昨年後半から失速した自動車業界だが、輸入車市場は比較的堅調に推移。今年はミニバンやコンパクトカーでの市場開拓にもチャレンジする。(アサヒ・コム編集部)

試乗リポート

■VW、新型ミニバンの実力

VWが今年発売するミニバンの新モデル「シャラン」と「ゴルフ・トゥーラン」。わずか1.4Lで7人乗りモデルを引っ張るエンジンの実力は? [記事全文]

■エコになってもメルセデス

環境性能をアピールする最近のメルセデス。「C200ブルーエフィシェンシー」と「E350ブルーテック」はどんな仕上がりに? [記事全文]

■斬新すぎる? プジョーRCZ

あまりにも独創的なスタイルの2ドアクーペ「RCZ」。ため息が出るほどの曲面美と、AT車とMT車での性格の違いは驚くばかり [記事全文]

■完全復活! 最新アメリカ車の力強さ

再上場で復活を果たした米GM。強いアメリカの象徴ともいえる最新モデル、SRX、シルバラード、ZR1の3台に試乗 [記事全文]

試乗モデル一覧

■MiTo Competizione

小さくて可愛いアルファロメオの3ドアハッチバック。昨秋、次世代AT「アルファTCT」を搭載し、価格も下がって新登場[詳細]

■アウディ A8 L4.2

アウディの最高峰サルーン。V8、4.2Lで372psの大パワーを発揮する。ロングボディ版は全長5.2m超で後部はリムジン並みの豪華さ[詳細]

■ルノー カングー ビボップ

おしゃれな実用車カングーの弟分として登場した3ドアモデル。高いルーフ、便利な収納、ガラス張りの見晴らしの良さで人気[詳細]

■ポルシェ 911 カレラ

3.6L、345psの6気筒エンジンは0-100km/h加速4.7秒の実力。運転しやすい7速PDKでも、ポルシェ独特の音とフィーリングは健在[詳細]

■VW シャラン ハイライン

VWが日本に再投入するミニバンで、大人7人がゆったり乗れる本格派。1.4Lまでダウンサイズされたエンジンは低燃費も売り[詳細]

■VW ゴルフ トゥーラン ハイライン

VWのコンパクト・ミニバンの新モデル。内外装を刷新し、先代からの1.4Lエンジンは燃費を改善し、75%エコカー減税対象に[詳細]

■プジョー RCZ RHD

独創的な曲線美で話題の2ドアクーペ。1.6Lの直4ターボを搭載する。右ハンドルでAT仕様のRHDは運転しやすく、走りも快適[詳細]

■プジョー RCZ LHD

2ドアクーペRCZの左ハンドル・6速MT車。AT車のRHDとはエンジン音から別物のスポーツカーだが、乗り手を選ぶモデルに[詳細]

■メルセデス C200 ブルーエフィシェンシー

1.8Lの直噴エンジンで環境性能をアピールするベンツCクラスの新モデル。驚くほど静かで、安定感の中にもしなやかな軽さ[詳細]

■メルセデス E350 ブルーテック

Eクラスの3Lクリーンディーゼル車。スーパーカー級の大トルクを低回転で発生する。ディーゼル乗用車が日本に定着するか[詳細]

■その他のモデル

JAIAの輸入車試乗会には100台近いモデルがエントリー。その他の車種を写真で紹介[詳細]


朝日新聞購読のご案内