現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. モーターショー特集
  5. 東京オートサロン2012
  6. 記事
2012年1月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

東京オートサロン2012

トヨタの名車、2000GTがソーラーEVで復活

写真ソーラーEVに再生されたトヨタの2000GT

写真エンジンフードとリアガラス上にソーラーパネルが搭載されている

写真「2000GT SEV」の運転席

 わずか337台しか生産されなかった幻の名車「トヨタ2000GT」がソーラーEV(電気自動車)として復活した。「環境に配慮すると同時に、楽しめるクルマを作りたい」。そんな思いを抱いた自動車販売店や部品メーカー、自動車メーカーのエンジニアが集まった「TOYOTA自動車同好会」が「CRAZY CAR PROJECT」として取り組み、40年前のスポーツカーをエコカーに蘇らせた。

 トヨタ2000GTは2リッター直列6気筒DOHCエンジンを搭載し、4輪ダブルウィッシュボーンのサスペンション、4輪ディスクブレーキ、リトラクタブルライトなど国産車としては初の機能を満載した車で、1967年に発売された。流麗なボディスタイルに加え、同年の映画「007は二度死ぬ」にも登場したことでも知られている。

 再生された「2000GT SEV(ソーラーEV)」は、エンジンフードとリアガラスに搭載されたソーラーパネルでリチウムイオン電池に蓄電。一日フル充電すると4キロの走行が可能。今後は、レースなどへの参加も企画しているほか、各種イベントに姿を見せる予定だという。

検索フォーム
キーワード:
東京オートサロン

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 過去の朝刊
  • 過去のYou刊