現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. 東京モーターショー2009
  5. 記事

東京モーターショー2009

未来をスイスイ?電動一輪車 アシモ技術でホンダが開発

2009年9月25日

写真前後左右に動く電動一輪車=24日午前、東京都港区のホンダ本社、上田潤撮影

 ホンダは24日、ロボット「アシモ」の技術を使って開発した電動一輪車「U3―X」を初公開した。360度どの方向にも動く車輪を備え、乗り手の体の傾け具合で進む方向や速度が決まる。実用化の時期は未定だが、高齢者の手軽な移動手段やレジャー用といった使い方が考えられるという。

 10月24日から幕張メッセ(千葉市)で開かれる東京モーターショーに出展する。高さ65センチで重さは10キロ弱。最高時速は6キロで、フル充電で1時間走れる。

 横からみるとひょうたん形。止まっているときも自立し、いすに座るように腰掛けて乗る。縦に回転する大きな車輪のへりに、横向きに回転する小型の車輪を数十個組み込んでいる。縦横の動きを組み合わせて、どの方向にも進むことができる。

 制御は二足歩行ロボット「アシモ」の技術を応用。車体の傾きを検知し、どの方向にどのぐらいの速度で進むかを判別する。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内