現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. 東京モーターショー2009
  5. 記事

東京モーターショー2009

トヨタがコンセプトカー公開 東京モーターショーを前に

2009年10月6日

写真超小型電気自動車「FT−EV2」

写真小型スポーツカーの試作車「FT−86Concept」

写真「プリウス プラグイン ハイブリッド コンセプト」

 トヨタ自動車は6日、千葉市の幕張メッセで開かれる東京モーターショー(一般公開は24日から)に出展するコンセプトカーを発表した。富士重工業と共同で開発している小型スポーツカーの試作車「FT―86Concept」や、超小型電気自動車の「FT―EVII」など3車種で、車の新たな可能性を提案したいという。

 「FT―86Concept」は排気量2千ccの水平対向エンジンを搭載する後輪駆動の小型スポーツカー。「AE86(ハチロク)」と呼ばれた往年の名車「カローラレビン」を連想させる名前にした。中高年の車好きにアピールする狙いだ。300万円以下での市販を目指す。

 「FT―EVII」は都市での近距離移動を想定する。全長2.73メートルと超小型サイズなのに4人が乗れるのが売り物だ。最高時速は100キロ以上、航続距離は90キロ以上。

 このほか家庭用電源から充電できるハイブリッド車「プリウス プラグイン ハイブリッド コンセプト」も出展する。燃費性能はプリウスを大きく上回る1リットルあたり55キロ以上で、年末に発売する計画だ。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内