現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. 東京モーターショー2009
  5. 記事

東京モーターショー2009

懐かしの名車が勢ぞろい 「トミカ・チョロQ」コーナー

2009年10月21日

写真東京モーターショー2009 開催記念トミカ。車種は、スズキ・スイフトスポーツ、スバル・インプレッサWRXSTI、ダイハツ・コペン、トヨタ・iQ、日産・フェアレディZ、ホンダ・シビックTYPER、マツダ・RX−8、三菱・ランサーエボリューションXの8つ

写真チョロQハイブリッド!リモコンタイプ ポンニ(2415円)

写真タカラトミーの展示ブース

 小さくて安い、大人も子どもも楽しめる車…ミニカーは東京モーターショーでも人気者だ。タカラトミーは、来年で40周年となる「トミカ」シリーズと、今年で30周年の「チョロQ」シリーズの展示や販売を会場内東ホールで行う。

 「ミニモーターショー」と銘打って、大人には懐かしい古いものから最新モデルまでを国内8メーカー別に展示する。また、東京モーターショー開催記念トミカを販売する。三菱ランサーエボリューションXや、日産フェアレディZなど人気車種8つに、モーターショーのロゴがプリントされている。価格は各630円。

 ミニカーの世界にも、実車と同じ「エコ」や「ハイブリッド」関連の製品が登場してくる。車輪の回転する力を利用した発電装置でヘッドライトなどを点灯させる「ecoトミカ」や「ecoチョロQ」が参考展示される。また、チョロQでは、ゼンマイ駆動と、リモコン駆動をシャシー交換で切り替えられる「ハイブリッド」が登場。タレントの所ジョージさんとのコラボ記念デザインの2種が販売される。リモコンタイプ2415円、ゼンマイタイプ630円。

 700車種、累計販売5億2000万台のトミカシリーズと、3000車種、累計販売1億5000万台のチョロQシリーズを擁し、トミカシリーズを年間1000万台以上販売する「日本一」の車メーカー、タカラトミーにも注目だ。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内