現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. 東京モーターショー2009
  5. 記事

東京モーターショー2009

最新エコ技術、人気車リバイバルなどに注目 プレスデー初日

2009年10月21日

写真プレスデーを迎えた千葉・幕張メッセの東京モーターショー会場

写真報道陣でにぎわったモーターショーの場内

 第41回東京モーターショーが21日、報道関係者に公開された。海外の自動車メーカーは大半が出展を見合わせ、展示台数は前回の半分の260台ほどに、会場面積も4分の1に縮小。日本経済の地盤沈下を象徴する見本市になった。

 とはいえ、国内メーカーは試乗コーナーや専門家によるガイドツアーなどの新企画を盛り込み、停滞する市場の活性化に懸命だ。家庭で充電できるプラグイン・ハイブリッド車など、日本がリードするエコ技術も多く展示され、国際的な注目度は依然として高い。80年代の人気車のリバイバルや、トヨタが満を持して投入するスーパーカーなどにも注目が集まっている。

 一般公開は24日から11月4日まで。(アサヒ・コム編集部)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内