現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. 東京モーターショー2011
  5. 記事
2011年10月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

東京モーターショー2011

フェラーリ458スパイダー、日本上陸 「イタリア」のオープンモデル

クリックすると拡大します 拡大 東京・芝の増上寺に登場した「フェラーリ458スパイダー」

クリックすると拡大します 拡大 国内で初めて披露された「フェラーリ458スパイダー」

クリックすると拡大します 拡大 14秒で開閉するアルミ製のルーフを装備

クリックすると拡大します 拡大 ミッドシップのオープンカー「458スパイダー」

クリックすると拡大します 拡大 「458スパイダー」を発表するフェラーリ・ジャパンのハーバート・アプルロス代表取締役(右)と伊本社で開発を手がけたミケーレ・コメッリ氏=12日、東京・芝の増上寺で

【主要諸元】フェラーリ458スパイダー
全長×全幅×全高 4,527×1,937×1,211mm
ホイールベース 2,650mm
乾燥重量 1,430kg
ボディ形式 2ドア・オープン
駆動方式 MR
定員 2名
エンジン V型8気筒/4,499cc
最高出力 570CV/9,000回転
最大トルク 540Nm/6,000回転
変速方式 F1デュアルクラッチ7速
最高速度 320km/h
0-100km/h加速 3.4秒未満
燃費 11.8L/100km
価格 3,060万円(消費税込み・諸費用別)

 フェラーリ・ジャパンは12日、ミッドシップのオープンカー「458スパイダー」を発表した。9月のフランクフルト・モーターショーでデビューしたばかりの最新モデルで、国内初披露。アルミ製の電動ハードトップを採用するなど軽量化に努め、ベルリネッタ(屋根つきモデル)の「458イタリア」に匹敵する動力性能を誇る。価格は3060万円。(アサヒ・コム編集部 藤坂樹理、高山顕治=写真)

458スパイダーを写真で

 458イタリアと同様、オールアルミニウム製のシャシーには新合金素材と鋳造パーツを多用。14秒で開閉するアルミ製のルーフは、従来のキャンバス地のソフトトップ(幌)と比べても25キロほど軽いという。ルーフの開閉装置を持つオープンカーはどうしても重くなり、ベース車より100キロ以上増える場合も珍しくないが、スパイダーの乾燥重量は1430キロと、わずか50キロ増におさえた。

 軽量化と高剛性を両立させ、実用性も維持しつつ、デザインを損なわない――オープンカーの設計には難しい要素が多いといわれる。458スパイダーは「これらの複雑な問題をシンプルに解決した」(伊フェラーリ本社で開発を手がけたミケーレ・コメッリ氏)という。ルーフを3分割方式から、よりシンプルな2分割方式に変更。Bピラーにロールバーの機能を兼ねさせ、リアスクリーンを電動可変式とし、効果的なウインドストッパーの役割を兼ねさせた。ルーフの収納スペースは100リットル。

 エンジンやドライブトレインなどの基本設計はイタリアと同じだが、意外なところに大きな相違点がある。エアインテークの形状が全く異なり、エキゾースト系もサイレンサーなどが違う。その目的は「音」。「ルーフをオープンした時に、最もピュアなフェラーリ・サウンドが聞こえるように変更した」(同氏)という。

 フェラーリの新モデルが世界デビューから短期間で国内発売されるのは珍しいが、今回は英国や米国に先行して販売される。ただ、日本での初回納車は今年12月だが、すでに予約で完売状態という。販売目標台数や国内割り当て台数などは公表していない。

検索フォーム
キーワード:
東京モーターショー

東京モーターショー2011 ニュース


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介