現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. 東京モーターショー2011
  5. 記事
2011年11月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

東京モーターショー2011

欧州メーカー出展再開、米は不参加 東京モーターショー

 日本自動車工業会は4日、12月初めの東京モーターショーの概要を発表した。国内外の171の自動車関連メーカーや団体が参加し、試作車や市販車など398台(二輪・商用車含む)が展示される。52台は世界初公開だ。

 11月30日に報道関係者に、一般には12月3〜11日に公開される。会場は東京ビッグサイト(東京都江東区)で、都内での開催は1987年以来。入場料は一般1500円、高校生500円、中学生以下は無料。入場時間は月〜土曜が午前10〜午後8時、日曜が午後6時まで。午後6時以降の料金は一般500円、高校生200円と割安にした。

 前回09年は、リーマン・ショック後の景気悪化で、海外メーカーがほとんど参加しなかったが、今回は欧州メーカーが出展を再開。展示される車は1.5倍に増える。ただ、米自動車大手などは不参加。前回の入場者は61万人だったが、今回は80万人を見込む。

検索フォーム
キーワード:
東京モーターショー

東京モーターショー2011 ニュース


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介