現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. 東京モーターショー2011
  5. 記事
2011年11月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

東京モーターショー2011

ホンダの「EV−STER」ついに公開 2シーターのオープンEV

クリックすると拡大します 拡大 東京モーターショーでベールを脱ぐホンダの「EV−STER」=30日、東京・有明の東京ビッグサイトで

クリックすると拡大します 拡大 ホンダの「EV−STER」=30日、東京・有明の東京ビッグサイトで

【主要諸元】EV-STER
全長×全幅×全高 3,570×1,500×1,100mm
ホイールベース 2,325mm
最高速度 160km/h
0-60km/h加速 5.0秒
バッテリー 10kWhリチウムイオン電池
バッテリー最高出力 58kW
充電時間 3時間(200V)、6時間(100V)

 開幕前から話題が集中していたホンダのEVスポーツが、ついにベールを脱いだ。「EV−STER」(イーブイ・スター)として世界初公開され、スペックなども明らかにされた。(アサヒ・コム編集部)

ホンダの「EV−STER」を写真で

 EV−STERは後輪駆動の2シーター・オープンカー。カーボン素材の採用で軽量化を図り、高い走行性能(最高時速160キロ)と航続性能(最大160キロ)を両立させた。「画鋲のようにとんがったクルマ、エッジの立ったクルマをホンダは開発してきた。その象徴となるモデル」と伊東社長。「自由に移動できる喜びと、豊かで持続可能な社会を両立させたい」と話した。

 運転席には通常のステアリング・ホイールに代わり、航空機の操縦桿をイメージさせる二つのレバーを装備。モーター出力やサスペンションの設定をドライバーの意思で調節できる機能を搭載した。

検索フォーム
キーワード:
東京モーターショー

東京モーターショー2011 ニュース


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介