現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. 東京モーターショー2011
  5. 記事
2011年11月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

東京モーターショー2011

トヨタ「86(ハチロク)」いよいよ市場へ

クリックすると拡大します 拡大 トヨタの新型スポーツカー「86(ハチロク)」=30日、東京・有明の東京ビッグサイトで

クリックすると拡大します 拡大 トヨタの新型スポーツカー「86(ハチロク)」=30日、東京・有明の東京ビッグサイトで

【主要諸元】トヨタ「86」プロトタイプ
全長×全幅×全高 4,240×1,775×1,300mm
ホイールベース 2,570mm
定員 4名
総排気量 1,998cc
エンジン 水平対向4気筒 直噴DOHC
最高出力 147kw(200ps)/7,000rpm
最大トルク 205Nm(20.9kgfm)/6,600rpm
変速方式 6速MT/6速AT
駆動方式 FR

 今回のモーターショーの目玉の一つと目されていたのが、来春発売予定のトヨタの小型FRスポーツカー。「FT−86」という名称で通ってきたが、市販車は「86(ハチロク)」というネーミングになることが明らかになった。かつて人気を博したAE86型カローラレビン/スプリンタートレノ(通称ハチロク)の「後継」として、「自分だけの1台を楽しみながら育てる」車を目指すという。(アサヒ・コム編集部)

トヨタの「86」を写真で

 富士重工業とトヨタが共同開発した「86」は、富士重工業の技術を生かした2リッター水平対向4気筒エンジンにトヨタの直噴技術「D−4S」を組み合わせた。エンジンをフロントミッドシップに搭載して後輪を駆動するFR(フロントエンジン・リアドライブ)方式を採用することで、スーパーカーに匹敵する低重心化を図った。最高出力は200ps/7000rpmで、トランスミッションは6速MTとATの2種類。全長×全幅×全高が4240×1775×1300ミリというボディーサイズは、同社によれば「量産4人乗りのスポーツカーとしては世界最小」という。

 モーターショーに展示されているのは、オレンジメタリック色のプロトタイプモデル。気になる値段はまだ明かされていない。カスタマイズ商品もそろえ、オーナーが自分の好みに合った車にすることもできるようになるというが、純粋な「走る楽しさ」「操る楽しさ」を追求したスポーツカーは、エコカー流行の現代でどこまで受け入れられるだろうか。

検索フォーム
キーワード:
東京モーターショー

東京モーターショー2011 ニュース


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介