アサヒ・コム このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ このサイトの使い方へ 検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe


mycar_title

25年ぶりの再会

写真
<2006年1月4日・取り壊しが免れない事になりそうなJR国立駅(大正14年)の前で、上野浩一さん撮影>

 愛車自慢でも車との別れの話が多い中、25年ぶりの再会のお話です。

 私が免許を取ってはじめて乗った車をインターネットでたびたび検索していました。当然ヒットする事など無かったのですが、2004年12月に25年も前の車が画面に現れすぐに会いに行きました。

 25年前苦楽を共にしたその車は30歳という年齢を感じさせないほど美しい姿を保って私を迎えてくれました。塗装も下回りにも錆は見当たりません。私は歳をとっているのに彼女は当時のまま、いや私が酷使していたとき以上の美しさで私の前に現れたのです。

 お金で何でも買える時代ですが、過去と出会えるチャンスなどめったにありません。しばらく悩んだすえ、私はこのLC20を迎え入れることにしました。

写真

取り壊しが決まった航空自衛隊入間基地の修武台記念館(昭和13年)の前で

 スズキのフロンテクーペは熱心なユーザーが今でもいますが、セダンであるこの車は町の中で見かけることはありません。49年にはスズキの全生産台数の50%はこの車を売っていたそうですが、現存していないのは豊かさとの引き換えにスクラップされていった実用車の宿命なのでしょう。

 昨年1月から3カ月ほどはエンジンの故障やブレーキ故障など様々なトラブルに見舞われましたが、現在は再び生活の足として毎日乗って美しい景色や貴重な建物の前で写真を撮っています。

 その結果色々な場所で「懐かしいね」、「昔この車を乗っていました」と話しかけられ、若い人には新鮮に見えるのでしょう。「可愛い」と様々な人から話しかけられます。



アサコ

車がきっかけで、色々な人から話しかけられるなんて素敵! 修武台記念館との相性が何とも素晴らしいですね。

<クルマ情報>スズキフロンテ LC20

投稿募集中!


検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission