アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe


加藤久美子の乗ってナンボ
子連れドライバーが選ぶ今年のファミリー向けカー・ベスト8

スズキ・スイフト

質実剛健 小型欧州車のムードと走り

 フルモデルチェンジをして、スタイルはもちろん、イメージもものすごく変わったスイフト。旧型のスイフトは、小さなSUVというスタイルだったが、新型スイフトは土台からすべて新設計となり、骨太で、下半身がっちりのシルエットが特徴。元気のよさが全身から伝わってくるかなりスポーティなイメージだ。旧型スイフトのユーザー年齢層は、40〜50歳台が中心だったそうで(これはこれで意外だったが)、今回はぐっと低く若者向け、20〜30歳台のユーザーを想定した作りとなっている。写真で見るより、実物のほうが圧倒的に、いいスタイルだ。写真うつりが悪い車なのか?

スズキ・スイフト
スズキ・スイフト

 スズキは軽自動車のイメージが強く、今現在販売されてる小型車はやや存在感が薄い。スイフトも、「えっ?そんな車あったの?」と言われそうだが、新型はイメージ一新。イタリアのデザイナーと共同作業を行い、走りの本場ヨーロッパでテスト走行を繰り返し、日本以外にもハンガリー、インド、中国で生産が開始され、世界を見据えたコンパクトカーとして期待されている。個性をしっかり主張できるキャラクターになった。インテリアの雰囲気もこれまでのスズキ車にはない、凛とした質感の高さが漂っているのも特徴。ゴテゴテとした媚びムードは一切なく、シックでドイツ車っぽいムード。スズキにもこんなにスポーティで質感の高いインテリアが作れるのか!と、正直、驚かされた。黒だけってのがちょっと寂しいが。

 子供を乗せる後席も見た目以上にゆったりしているし、高品質だ。荷物スペースも雑な作りではなくきちんとカーペット張りの仕様になっている。かっちりと、そしてキビキビした走りが楽しめる車なので、街中での短時間移動の繰り返しでも楽しい車になりそう。ラパンにしろ、アルトにしろ、これまでのスズキ車の中心車種は「セカンドカー的存在」。しかし、今回のスイフトはファーストカーとしても耐え得る雰囲気を持っている。

 スポーティで男性的ではあるが、スイフトの開発者たちは、スーツをかっちり着こなしてバリバリ働くワーキングウーマンにかっこ良く乗って欲しいのだとか。全8色のボディカラーそれぞれに、「パワーストーン」をイメージしているところなど、女性ユーザーをひきつける心憎いアイデアも斬新。


(2004/12/29)

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission