現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. ニュース
  5. 記事
2013年2月5日12時0分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

トヨタ、黒字転換の見通し 13年3月期、5年ぶり

図:トヨタ自動車単体の営業損益拡大トヨタ自動車単体の営業損益

 トヨタ自動車の2013年3月期で、国内事業の本業のもうけを示す単体の営業損益が、従来予想の200億円の赤字から黒字に転じる見通しとなった。設計や生産工程の見直しなどによるコスト削減の効果に加え、円安による輸出の採算の改善が見込まれるためだ。

 単体の営業損益が黒字になるのは、08年秋のリーマン・ショック直前の08年3月期以来5年ぶり。黒字額は、数百億円になる公算が大きい。5日午後の12年4〜12月期決算の発表に合わせ、通期の業績予想を上向かせる方針。

 トヨタの単体営業利益は07年3月期に過去最高の1兆1509億円を達成。08年3月期も1兆円台を確保していたが、リーマン・ショックを機に赤字に転落。その後も為替相場の円高基調が響き、4期連続で赤字決算となっていた。12年9月中間決算では、単体で677億円の黒字を確保したが、エコカー補助金が終わった後の国内販売の厳しさを見込み、通期では赤字が続くと予想していた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報