現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. ニュース
  5. 記事

マツダ、北米生産撤退を発表 防府工場に移管

2011年6月7日13時8分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 マツダは7日、米自動車大手フォード・モーターとの米国合弁会社での生産をやめ、防府工場(山口県防府市)に移すと発表した。北米生産からの撤退となる。事実上の合弁解消とみられるが、山内孝社長は「フォードとの戦略的提携関係を維持する」との談話を出した。

 生産をやめるのは、フォードと折半出資のオートアライアンス・インターナショナル(AAI、米ミシガン州)。マツダ6(日本名アテンザ)を生産しているが、2013年ごろをめどに生産をやめ、米国向けの次期アテンザは防府工場で生産する計画だ。AAIはマツダ車を年12万台生産できるが、10年度は4万5千台と低迷していた。マツダは台数が限られることから、赤字続きの米国生産よりも為替リスクのある輸出を選んだ。

関連トピックス

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介