現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. ニュース
  5. 記事

ジェームズ・ボンドの愛車が競売に、落札予想額は4.5億円

2010年6月2日11時59分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真: 6月1日、映画「007」シリーズでジェームズ・ボンドが使用した車が競売にかけられることになった。写真は同型のアストン・マーティンDB5。アリゾナ州フェニックスで2006年1月撮影(2010年 ロイター/Jeff Topping)拡大 6月1日、映画「007」シリーズでジェームズ・ボンドが使用した車が競売にかけられることになった。写真は同型のアストン・マーティンDB5。アリゾナ州フェニックスで2006年1月撮影(2010年 ロイター/Jeff Topping)

 [ロンドン 1日 ロイター] 映画「007」シリーズで主人公ジェームズ・ボンドが使用した車が、ロンドンで競売にかけられることが分かった。競売会社RMオークションズが1日明らかにした。落札額は500万ドル(約4億5500万円)を超える見通し。

 出品されるのは、「ゴールドフィンガー」と「サンダーボール作戦」でショーン・コネリー演ずるボンドが実際に使用した1964年製のアストン・マーティンDB5で、現存する唯一のもの。車には回転して変更するナンバープレート、追跡システム、取り外しができるルーフなどが付いており、中には使用可能なものもあるという。

 売り主はラジオアナウンサーのジェリー・リー氏で、1969年に1万2000ドルで購入し、現在まで保有している。競売は10月27日に行われる。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介