現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. ニュース
  5. 記事

NYのイエローキャブ、日産独占へ 2013年から登場

2011年5月4日2時15分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:選ばれた日産車のタクシー=ニューヨーク市提供拡大選ばれた日産車のタクシー=ニューヨーク市提供

 ニューヨーク市は4日、「イエローキャブ」の愛称で親しまれているタクシーを、日産のミニバン「NV200」に統一すると発表した。これまでは9社16車種あったが、一車種にし、ニューヨーク仕様の設計で発注する。日産車は、将来的に電気自動車に衣替えできるのが評価された模様で、800億円近い商談になるとも指摘されている。

 現在、市内にある約1万3千台のうち、米国フォード社の大型セダン「クラウン・ビクトリア」が最も多く走っているが、今年限りで生産中止になる。このため、市は各メーカーに呼びかけて新車を公募。7件の応募のうち、日産のほか、フォードとトルコのカルサンが残っていた。

 新車は2013年から市内に登場する。5年かけて既存の車をすべて買い替えて、少なくとも10年は新車種が独占する計画で、市内の風景が一変する。(ニューヨーク=田中光)

関連トピックス

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介