現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. ニュース
  5. 記事
2011年12月4日19時33分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

「HVは通過点の技術」 ルノーCOO、EVに自信

写真:インタビューに応じる仏ルノーのカルロス・タバレスCOO(最高執行責任者)=3日、横浜市の日産自動車本社インタビューに応じる仏ルノーのカルロス・タバレスCOO(最高執行責任者)=3日、横浜市の日産自動車本社

 「ハイブリッド車(HV)は通過点の技術に過ぎない。一度、電気自動車(EV)の静かさを味わえば、もう元には戻れないだろう」。来日した仏ルノーのカルロス・タバレス最高執行責任者(COO)は、朝日新聞などの取材に次世代エコカーの「本命」はEVだと自信を見せた。

 タバレス氏は「(エンジンとモーターの)二つの動力源を持つHVは高コスト。石油価格は今後上がる可能性があり、そうなればEVの方がコストは低くなるだろう」と話した。

 ルノーは資本提携する日産自動車と2016年度までに8車種、累計150万台のEVを販売する計画。ただ現在のEVは電池容量が小さく長い距離を走れない。トヨタ自動車などは短距離はEV、長距離ではHVとして走るプラグインハイブリッド車に力を入れている。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介