現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. ニュース
  5. 記事
2012年1月31日23時18分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ホンダ、営業利益64%減 12年3月期見通し

関連トピックス

 ホンダは31日、2012年3月期の連結営業利益が前期比64.9%減の2000億円になる見通しだと発表した。タイの洪水で工場が浸水する大きな被害が出て、大幅な減産を強いられたことが響いた。超円高で輸出採算も悪化し、コスト削減などの自助努力では影響を吸収しきれなかった。

 タイ・アユタヤのロジャナ工業団地にある工場は昨年10月4日から操業を停止。10月末の中間決算発表の時点では、洪水の影響が見通せないとして、通期の業績予想の公表を見送っていた。11月末から始めた排水・清掃作業は完了したが、まだ生産は再開できていない。

 タイ洪水の影響で26万台規模の減産を強いられ、営業利益を1100億円押し下げる。円高の影響も大きく、1280億円の営業利益が吹き飛ぶ計算だ。連結売上高の予想は同12.2%減の7兆8500億円。「今期は厳しい。異常事態だ」(池史彦専務執行役員)という。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 過去の朝刊
  • 過去のYou刊