現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. 愛車
  4. ニュース
  5. 記事
2012年5月21日10時28分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ランボルギーニ、日本限定10台の特別仕様車

写真:ランボルギーニの日本限定モデル「ガヤルドLP560−4ビアンコ・ロッソ」拡大ランボルギーニの日本限定モデル「ガヤルドLP560−4ビアンコ・ロッソ」

写真:内装にも赤のレザーを取り入れている拡大内装にも赤のレザーを取り入れている

写真:日本限定モデル「ガヤルドLP560−4ビアンコ・ロッソ」を発表するランボルギーニ・ジャパンのエジナルド・ベルトリ代表(右)拡大日本限定モデル「ガヤルドLP560−4ビアンコ・ロッソ」を発表するランボルギーニ・ジャパンのエジナルド・ベルトリ代表(右)

写真:発表会では歴代の人気モデルも展示された拡大発表会では歴代の人気モデルも展示された

 ランボルギーニ・ジャパンは18日、日本上陸45周年と同社の設立10周年を記念し、日本限定の特別仕様車「ガヤルドLP560−4ビアンコ・ロッソ」を発表した。

日本限定10台の特別仕様車を写真で

 白い車体にサイドミラーカバー、エンジンボンネットなどに赤の塗装を施すなど、日の丸をイメージしたデザインが特徴。内装面ではシートサイドやドアハンドル、ハンドブレーキに赤のレザー使用し、黒を基調としたアルカンターラとレザーのインテリアとの調和を図っている。

 パワートレインは560psを発生する5.2リッターV10エンジンをミッドシップに搭載。時速0ー100キロの加速は3.7秒、最高速度は325キロを誇る。日本国内限定10台のみの販売で、価格は2541万円(消費税込み)。

 東京・六本木のミッドタウンで開かれた発表会には350GT、ミウラ、カウンタックLP400の歴代人気モデルも展示され注目を集めていた。

 【ランボルギーニ・ガヤルドLP560−4ビアンコ・ロッソ】
 全長×全幅×全高:4,345×1,900×1,165mm、車両重量:1,500kg、ボディ形式:2ドアクーペ、駆動方式:ミッドシップエンジン・後輪駆動、定員:2名、エンジン:V型10気筒DOHC/5,204cc、最高出力:560ps/8,000回転、最大トルク:540Nm/6,500回転、変速方式:6速、最高速度:325km/h、0-100km/h加速:3.7秒、タイヤ:前235/35ZR19、後295/30ZR19、燃費(eギア搭載モデル):21L/100km(市街地)、10L/100km(郊外)

検索フォーム

おすすめリンク

ランボルギーニからキッズバイクが登場!

経験豊富な交通弁護士が、保険金を出させる方法を超実戦的に解説。

誰もが車検時に思いとどまる「エコカーへの買い替え」。そのモヤモヤを、日本を代表する自動車ジャーナリストがすっきり解消。

フォルクスワーゲンゴルフのデザイン哲学と設計哲学の源流を「ドイツ・モダニズム」に探り、進化を重ねる合理的設計の変遷をたどる。

ツーリングワゴン、スポーツセダン、ステーションワゴン型などスバルを代表する車

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 過去の朝刊
  • 過去のYou刊