現在位置:
  1. asahi.com
  2. 愛車
  3. 東京モーターショー2007

東京モーターショー2007

世界の最先端技術満載 新鋭540台が一堂に

第40回東京モーターショー2007が11月11日(日)まで千葉市の幕張メッセで開催されました。10年ぶりの乗用車、商用車を合わせた総合ショー。斬新なコンセプトカーや迫力のスポーツカーなど、見どころが豊富でした。フォトギャラリーでは、世界初、日本初お目見えのクルマを網羅しています。

フォトギャラリー

特集

写真各社が競い合う「エコ」、危機感の中で
今年の大テーマは、やはり「エコ」。原油価格の高騰や、CO2削減の世界的な流れのなか、各社のブースにあふれたのは「持続」「共生」といったフレーズだ。(アサヒ・コム編集部)
写真エレクトロニクス技術、ここまで進化
第40回東京モーターショー2007では、様々な最新技術が展示されている。そんななか、実用化が目前の技術や発売が決まっている技術を使ったアイテムの注目株を紹介する。(アサヒ・コム編集部)
写真華やかな会場風景を写真で紹介
クルマばかりではない。モーターショーを彩るコンパニオンや注目のグッズなどにも注目だ。
写真進化するミニバン 脱ファミリーカーより鮮明に
国内市場で変わらず強い人気を誇るのがミニバンだ。3列のシートに大人数が乗れる実用性の高さが売り物だったのは昔の話。今回の東京モーターショーの出品モデルで選択肢の多彩さを改めて実感。(アサヒ・コム編集部)

どらく「東京モーターショー2007」スペシャルへ

動画

写真恐怖!セーフティードライブ体験試乗
第40回東京モーターショー2007では5つの試乗会が用意された。その一つが「セーフティードライブ」試乗会。雨でぬれた路面を走行して急ブレーキをかけた時の恐怖の状況を体感できる。(アサヒ・コム編集部)
写真四駆に乗ってアドベンチャー気分!
「4X4アドベンチャー同乗試乗会」は、アドベンチャー気分が楽しめる。東京モーターショー会場近くのディズニーランドのアトラクションにも勝るとも劣らない。四輪駆動車に同乗し、山や池を越えてみた。(アサヒ・コム編集部)

コラム

加藤久美子のモーターショーを楽しむ

写真小学生が見た、乗った、未来のクルマ
小学校1年生から5年生まで、首都圏の小学校に通う5人が東京モーターショーに出かけました。この子供たちが大人になって自分でクルマを運転する10〜20年後、これらのクルマは主流になっているでしょうか。
写真またまた、子連れで出かけたモーターショー2007
モーターショーを心待ちにしているお子さん、モーターショーに行きたいけど子連れじゃどうなの?というお父さん、お母さん。事前によーく読んで、シミュレーションしておけば安心です。
写真親子で夢中 歴代チョロQお目見え 限定品販売も
最新技術を詰め込んだコンセプトカーなどがひしめく会場で、ちょっとした懐かしさを味わえる場所がある。タカラトミーの「チョロQ」の展示場だ。(アサヒ・コム編集部)
写真12月発売の最新グランツーリスモを体験
東京モーターショー会場内、2階中央モール・東ホール前にコックピット型ゲーム機16台ががずらりと並んでいるのが見える。次世代のカーライフが体感できるというコーナーだ。さっそく行ってみた。(アサヒ・コム編集部)
写真観光バス、トラックの未来にも注目
飛行機のファーストクラスのような観光バス、ハイブリッドで騒音のないダンプカー。商用車もどんどん進化している。(アサヒ・コム編集部)

webCG

写真 日産GT−R 求めているのは誰なのか?
2003年東京モーターショーでの約束を果たし、ついにデビューした「日産GT-R」。今作より「スカイライン」の名を捨て、「日産」ブランドを背負いつつ、世界デビューするハイパフォーマンスカーだ。480psを絞り出すV6ターボエンジンは2ペダルMTを介し4輪を駆動する。
写真 ホンダCR−Z 実現するかはファン次第
「CR-Z」は、持続可能な自動車社会に向けてホンダが提案するスポーツカー。アグレッシブな外観と繊細なインテリアからなる軽量コンパクトな車体に、ハイブリッドのパワーユニットを搭載する。
写真 三菱iMiEV SPORT 可愛く、クールで、エコ楽しい
エロカッコイイ、もとい、かわ(いい)カッコイイ。パッと見は、「小さなアウディTT?」といった印象だが、ボディのバランス感、見る者の心をくすぐる刺激に溢れている。
webCG

第40回東京モーターショー2007 乗用車・二輪車開催概要

【会場】

幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2−1)

【会期】

2007年10月26日(金)〜11月11日(日) *一般公開は10月27日(土)から

【時間】

平日 10時00分〜18時00分
土・休日 9時30分〜19時00分

【入場料】

一般:1,300円(平日15時以降:1,100円)
中学・高校生:600円(平日15時以降:500円)
小学生以下:無料

【主催】

社団法人 日本自動車工業会

【アクセス】

JR京葉線・海浜幕張駅下車、徒歩5分
※特急「わかしお、さざなみ」の特別ダイヤによる運行もあり
※武蔵野線からも直接乗り入れあり(一部JR南船橋駅乗換等あり)
京成千葉線・幕張本郷駅より有料シャトルバス
その他、JR稲毛駅、横浜(YCAT)、成田空港、羽田空港より会場までの路線バス運行あり

【問い合わせ】

第40回東京モーターショー・幕張メッセ事務局 TEL:043−296−7711

【ウェブサイト】

オフィシャルサイトhttp://www.tokyo-motorshow.com/


朝日新聞購読のご案内