メニューを飛ばして本文へ
アサヒコムトップへ

シャガール―ロシア・アヴァンギャルドとの出会い〜交錯する夢と前衛〜

会期:
2010年10月23日(土)〜2011年1月10日(月・祝)
会場:
福岡市美術館
ここから本文

 鮮やかな色彩と幻想的な作風で親しまれるシャガール(1887-1985)。旧ロシア帝国のヴィテブスク(現ベラルーシ共和国)にユダヤ人として生まれましたが、1900年代初頭に始まるロシア・アヴァンギャルドの歴史と密接な関係があったことはあまり知られていません。

 本展は、ジョルジュ・ポンピドー国立芸術文化センターが誇るシャガールの代表作でシャガールの人生を追いながら、ロシア美術史にシャガールを位置づけようとするものです。シャガール自身と故国ロシア、彼の世界観、家族、想像の世界とのつながりを検証し、20世紀の巨匠シャガールへの理解を深めることを意図しています。

 パリのポンピドー・センターが所蔵するシャガール作品は、シャガールが手元に残していた特別な作品を死後に遺族が寄贈したものや、生前作家本人が寄贈した代表作が中心となっています。いわば「シャガールのシャガール」ともいえる充実したコレクションであり、初期にサンクト・ペテルブルグで制作された作品から南仏で制作された晩年の大作まで、この巨匠の生涯にわたる軌跡をたどることができます。

 さらに同センターは、旧ソヴィエト連邦からロシア・アヴァンギャルドの巨匠ナターリヤ・ゴンチャローワとミハイル・ラリオーノフの傑出したコレクションの寄贈を受けています。

 本展では、ロシアをテーマにしたシャガールの名作《ロシアとロバとその他のものに》をはじめとするシャガールの代表的な作品を選りすぐって紹介します。また、日本ではまだあまり知られていないゴンチャローワとラリオーノフの重要な作品を日本で初公開します。同時代に活躍したマレーヴィチ、プーニー、カンディンスキーらロシア出身の巨匠たちもあわせて紹介します。

 シャガールは生前「私がロシアで描いた絵画が、ヨーロッパの画家の作品の隣に展示されるのは奇妙なことでしょう。私の作品は、むしろ20世紀初頭のロシア美術のための美術館に展示されるべきものなのです」と話していますが、本展は、まさに本人が望んでいたとおり、シャガールをロシア・アヴァンギャルドの作家の傍らで大々的に紹介する、きわめて野心的な内容となっています。


開催概要

展覧会名
ポンピドー・センター所蔵作品展
シャガール―ロシア・アヴァンギャルドとの出会い〜交錯する夢と前衛〜
会期
2010年10月23日(土)〜2011年1月10日(月・祝)
休館日
毎週月曜日(ただし、2011年1月10日は開館)、2010年12月27日(月)〜2011年1月4日(火)
会場
福岡市美術館
〒810-0051 福岡市中央区大濠公園1-6
[福岡市美術館のサイトへ別ウィンドウで開く]
開館時間
午前9時30分〜午後5時30分(入館は午後5時まで)
地図
お問い合わせ
福岡市美術館:092-714-6051
主催
福岡市美術館、ポンピドー・センター、朝日新聞社、九州朝日放送
後援
外務省、文化庁、フランス大使館、ロシア連邦大使館、ロシア連邦文化協力庁
福岡県、福岡県教育委員会、(財)福岡市文化芸術振興財団、JR九州、西日本鉄道、(財)福岡文化財団、天神FM、FM FUKUOKA、cross fm、LOVE FM、(社)日本自動車連盟福岡支部、(社)福岡市タクシー協会、福岡市ホテル旅館協会、九州日仏学館、福岡EU協会
特別協賛
日本生命保険相互会社
協賛
大日本印刷
協力
みずほ銀行、エールフランス航空、日本通運

チケット情報

観覧料 当日 前売
一 般 1,300円 1,100円
高校・大学生 1,000円 800円
小・中学生 600円 400円

・20名以上の団体及び、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、シルバー手帳提示者は前売料金でご入場できます。
・本展会期中は、上記観覧料で福岡市美術館の常設展示もご観覧いただけます。
・前売券販売期間は、9月11日(土)〜10月22日(金)です。

プレイガイド
展覧会公式サイト(オンライン・チケット)、ローソンチケット(Lコード:82630)、チケットぴあ(Pコード:764−296)、セブン-イレブン(商品コード004-490)、イープラス、 西鉄旅行店舗、アクロス福岡チケットセンターほか、主要プレイガイドで発売。
*オンラインチケット、チケットぴあ、ローソンチケット、セブン-イレブン、イープラスは、展覧会開催中は当日料金で販売



GoUpToThisPage
ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
| asahi.com | 朝日新聞社会社案内 | 朝日新聞社のイベント情報 | 個人情報 | 著作権 | リンク | 新聞広告ガイド | Web広告ガイド | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission