asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
コラム 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  >AIC  >天声人語  >日本@世界  >ポリティカにっぽん  >風考計 
     
 home >コラム >AIC   


アサヒ・インターネット・キャスター



松尾慈子の漫画偏愛主義 October  29, 2004
夕凪の街 桜の国
こうの史代  双葉社 税込み840円
松尾慈子の顔写真
松尾慈子
1992年朝日新聞入社、金沢、奈良支局、整理部、学芸部などを経て、現在、名古屋本社報道センター記者。漫画好き歴は四半世紀超。
一番の好物は「80年代風の少女漫画」、漫画にかける金は年100万円に達しそうな勢いの漫画オタク。
バックナンバー エド村崎のフィルム・マニアーク


本の表紙
広島市民なら知っているだろう。広島の小学生は毎夏、必ず怖い映画を見ることになる。薄暗い体育館は阿鼻叫喚、おもらしをする子まで出てくる。そう、平和教育の一環として原爆記録映画を鑑賞するのだ。それも、作り物じゃなく、本物。米国が原爆の様子を撮影した記録フィルムを、平和運動家たちが買い取って、反戦教育のための映画に仕立ててあるのである。熱線で焼かれたケロイド、死体、原爆症で死にゆく人たち・・・。そりゃあもうすごい迫力だ。

この映画を作るにはお金がかかるので、米国から10フィートずつ買っていく。だからこの運動を「テンフィート運動」という。18歳まで広島で育った私は、こういう平和教育はどこでもやっていると思っていた。大学に入って初めて、テンフィート運動を知らない人がいることを知ったくらいだ。親でさえ戦後生まれの私たち世代。広島・長崎以外の人が、戦争を知らないことは当然なのかもしれないが、少し怖さも感じた。歴史を学び反省してこそ、正しい選択ができるのではなかろうか。

表題作は、そうした広島で育った筆者が、原爆を描いた作品だ。といっても、そこには琥珀色のフィルターがかかっている。生々しい健康被害や死体の描写は極力排除されている。それでも原爆の悲惨さは十分表れている。

「夕凪の街」の舞台は終戦から10年たった広島。主人公の皆実は結婚を意識する年頃。同僚男性の打越に求愛されるが、被爆した日の記憶が皆実をさいなむ。「8月6日、何人見殺しにしたかわからない。死体を平気でまたいで通った。地面が熱く、靴底が溶ける。腐ってない死体から下駄を盗んだ」。極限状態の中で自分だけが生き残った罪悪感から逃れられない。そして被爆者ということ。

「10年前にあったことを話させてください。そしたらうちが死なずに残された意味がわかるかもしれん」。打越の愛を受け入れるが、直後に原爆症に倒れ、そのまま起きあがることはなかった。その続編「桜の国」は皆実の弟の子どもたちの物語。原爆が現在社会にも影を落としていることを描く。

平和教育の在り方は難しい。生々しい被害の様子を教育することで、戦争反対の気持ちを強くする人もいるだろう。しかし、反対に「平和教育なんてごめんだ」と思ってしまう人もいる。この作品は、1人の被爆女性を主人公に、戦争がどのように市民たちに苦痛を背負わせるかを描いている。そこには思想を声高に訴えることもない。ただしずかに放射能の被害が彼女の恋を、健康を、むしばんでいく様子があるだけだ。1人の女性の物語として、気負わずに読んでほしい。そして、読んだ後で自分がどう考えるか、そこまでがこの物語であると思う。



ご意見はこちらへ・・・

Designed by TUBE graphics 


| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission