宇宙新時代

宇宙新時代の朝刊紙面
(2017年11月5日付 東京版2面に掲載)

 朝日新聞社は、宇宙開発をめぐる国内外の様々な動きを、紙面や朝日新聞デジタルで、「宇宙新時代」の企画で紹介していきます。

 宇宙開発は国が主導した時代から民間企業が大きな役割を担う時代へ様変わりしています。国内でも、月探査の開発や小型ロケットの打ち上げが本格化。宇宙空間を新たなビジネスにつなげる試みが広がっています。

 今後も宇宙開発のトレンドに注目し、報道して参ります。2017年11月5日付朝刊2面では「月へ火星へ 『民』こそ主役」と題した大型記事を掲載したほか、科学面などでも、宇宙ベンチャー企業の取り組みや狙いを記事化していく予定です。


(宇宙新時代)民間の挑戦:4 人工流れ星に農漁業…活用拡大(朝日新聞デジタル有料会員限定記事)

(宇宙新時代)民間の挑戦:3 格安小型ロケット、市場参入へ(朝日新聞デジタル有料会員限定記事)

(宇宙新時代)民間の挑戦:2 「航空機」で宇宙旅行へ(朝日新聞デジタル有料会員限定記事)

(宇宙新時代)民間の挑戦:1 月探査、競い合うベンチャー(朝日新聞デジタル有料会員限定記事)

 

ネクストリボンプロジェクト

 「ネクストリボンプロジェクト」を本格スタートさせ、がんとの共生社会を目指します。日本対がん協会の60周年記念事業でもあります。

 「世界対がんデー」の2月4日、都内で「Next Ribbon 2018」を開催。プレゼンイベントではがん経験のあるタレントの向井亜紀さん、俳優の古村比呂さん、小西博之さんやキャンサーペアレンツ代表理事の西口洋平さん、文筆家の松さや香さんが自身の体験をもとに、思いやメッセージを語りました。続くシンポジウムではがん治療に関わる医師や雇用する側の経営者らが、がんとの共生社会を実現するための課題や解決策について意見を交わしました。

 紙面やデジタルでも、がん経験者や専門家へのインタビュー、特別寄稿、患者の治療や生活を支える様々な職種やボランティアを紹介。最新のがん治療などの関連記事も随時掲載しています。支援団体や企業とも連携し、がんへの理解を深めます。

ネクストリボン(朝日新聞デジタル)

がんとともに(朝日新聞デジタル:特集記事)

2月4日に開催された『ネクストリボン2018』のプレゼンイベントで思いを語った登壇者たち。
(左から)小西博之さん、古村比呂さん、向井亜紀さん、松さや香さん、西口洋平さん
プレゼン動画&採録記事は、「ネクストリボン」のサイト内でご覧いただけます。

 

認知症フレンドリー

 超高齢化が進むなか、認知症になっても安心して暮らしていける「認知症フレンドリー」な社会作りに、朝日新聞グループ全体で取り組んでいます。

認知症フレンドリーの企業勉強会

満席の会場で参加者は講師の話に熱心に耳を傾けた。
(東京・築地の朝日新聞東京本社)

 4月19日、朝日新聞東京本社で「第1回認知症フレンドリー企業勉強会」を開催しました。認知症になっても安心して暮らしていける「認知症フレンドリー」な社会作りに関心がある企業42社が集まりました。

 勉強会では、認知症当事者や将来認知症になるかもしれない人を「顧客」として捉えた場合、「顧客の変化に合わせて企業には何が求められるのか」といった視点で講演会を実施しました。

 認知症フレンドリー社会の実現のためには医療・福祉・介護のみならず、認知症の当事者の生活に密接に関わる一般企業の役割はますます大きくなると考えられます。企業が継続的に役割を果たすためには経済活動とどう両立させていくかが重要です。今後も企業を対象とした勉強会などのイベントを継続していく予定です。

Reライフフェスティバルで認知症講演会

3月2日に開催された「Reライフフェスティバル」で講演した
丹野智文さん(44)。会場は立ち見が出るほど盛況だった。

 3月2日、都内でシニア読者を対象にした「Reライフフェスティバル」が開催。取り組みの一環として、認知症当事者である丹野智文さんが「認知症とともに生きる」をテーマに登壇し、約300人の前で自分の思いを語りました。

 丹野さんは「認知症になっても、前向きになることが大切です。周囲は困ったときにだけ助けるスタンスがあればいい。病名からその人を見ないことです」などと訴えました。

 2025年には、高齢者の5人に1人にあたる約700万人が認知症になるといわれています。認知症の人が抱える悩みや不安が少しでも軽くなるような工夫や実践を、認知症の本人・家族、地域、行政、企業などとともに考え、具体的な行動につなげていきます。

 今後も紙面やデジタルで、認知症に関する多様な情報を発信します。朝日新聞厚生文化事業団とも連携し、企業や団体との勉強会、シンポジウムや講演などのイベントを企画します。

認知症当事者がたどり着いた、笑顔で暮らす生き方(「Reライフ」朝日新聞デジタル)

認知症とともに(朝日新聞デジタル:特集記事)


(写真)認知症フレンドリー ロゴ(ワスレナグサをイメージしました)

 

朝日地球会議

 地球上のさまざまな課題の解決に取り組む「朝日地球会議」を、2018、19年も開催します。

 話し合うテーマは国際政治や経済問題、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」に含まれる環境、ジェンダー、貧困、格差、教育、責任ある生産と消費など多岐にわたります。

 国内外の第一線の有識者、政策決定者、経済人、NPO関係者など登壇者と来場者、さらに日本を代表する企業がともに課題の解決策を考えます。

 このシンポジウムは08年に環境をテーマに始まり、16年に、より幅広いテーマを話し合う「朝日地球会議」と改称しました。

朝日地球会議


(写真左)SDGsをお題に大喜利に挑戦する吉本興業の落語家やお笑い芸人たち
(写真右)朝日地球会議2017に登壇したキャスターの国谷裕子さん(左)と国連副事務総長のアミーナ・モハメッドさん

 

八月の歌

 朝日新聞社が主催する平和の短歌コンクール「八月の歌」が2018年で10回を迎えるのに合わせてPRし、盛り上げます。

 中学生、高校生を中心に毎年たくさんの投稿があり、多くの人の平和への思いに支えられてきました。9回目の17年も2162首の応募がありました。10回目も作品を募集しています。

 平和活動に熱心な岐阜県高山市の協力を得て、毎年8月に開催する表彰式も10回目となります。今年は8月11日(土)に開催します。受賞作は朝日新聞、朝日新聞デジタルで紹介します。

戦争・平和テーマに短歌を募集(朝日新聞デジタル:2018年4月25日配信)


(写真左)講評する美帆シボさん=2016年8月6日、高山市花岡町2丁目
(写真右)高山市平和都市宣言を朗唱する参加者=2017年8月12日、高山市花岡町2丁目

 

AI・ロボット

AIフォーラムのようす

 「AI(人工知能)・ロボット」がテーマのイベントを今年から開催します。AIやロボットの発達で私たちの暮らしや未来はどのように変わるのか ―― 生活者の視点に立ち、「ともに考える」場を提供致します。暮らしを良くする研究やビジネスを中心に多様なテーマを掲げて、シンポジウムや展示会の開催を目指します。


人工知能(AI)の最前線を知る連続フォーラムを開催

 「朝日新聞DIALOG AI FORUM(ダイアログ AIフォーラム)」を5月20日から5日間、東京ミッドタウン日比谷のビジネス連携拠点「BASE Q」で開催しました。昨今、身近になってきた人工知能(AI)を中心とした技術が、今後いかに社会に浸透していくかを読み解く連続フォーラムで、産業技術総合研究所の人工知能研究センターの辻井潤一センター長、筑波大准教授のメディアアーティスト落合陽一氏、みずほ銀行の藤原弘治頭取らが登壇、AIの普及が社会課題の解決方法をどう変えていくか、などを語りました。

 フォーラム期間中は、ビジネスマンや研究者、学生ら多くの来場があり、各日盛況となりました。AIをキーワードに、未来社会、自動運転、ロボット技術やフィンテック、量子コンピューター、遺伝子工学までテーマは多岐にわたり、来場者の満足度は大きく、登壇者からも高い評価をいただきました。

 

朝日新聞デジタル 「DIALOG 日本の未来を語ろう」