トップメッセージ

 激動する世界で、メディアをめぐる環境もめまぐるしく変化しています。インターネットやソーシャルメディアは、私たちの暮らしに欠かせない便利なメディアですが、そこには不確かな情報も大量に飛び交っています。そんななかで、確かなファクトを知りたい人々の期待にこたえ、価値ある情報を届けていくという、私たち報道機関の責任は、これまで以上に重くなっています。

 よりよい明日のため、私たちは「ともに考え、ともにつくる」という企業理念を掲げました。声なき声に耳を傾け、健全に、公正に、そして謙虚に。私たちの原点であるジャーナリズムをしっかりと守りながら、人々の興味や関心への感度を高め、暮らしを豊かにするサービスも充実させる。既成概念にとらわれない「総合メディア企業」を目指しています。

 取り組みの一つとして、私たちは、国連が進める「持続可能な開発目標」(SDGs)への理解を広め、目標の達成を後押しする活動を始めました。

 様々な異変に見舞われる地球を、次世代によりよい状態で引き継ぐには、何をなすべきか。持続可能な成長によって、地球規模の課題を解決していくという大きな目標に向けて、市民社会や企業、そして多くの若者たちとともに挑戦していきます。

 ジャーナリズムを核とした「豊かな暮らしに役立つ総合メディア企業」への進化を目指し、私たちは、歩き続けます。