「天下を治めた絵師 狩野元信」展

 狩野派の2代目で、卓越した画技の持ち主だった狩野元信。歴代狩野派の中でも高く評価されていた室町時代の絵師の、初の本格的な回顧展です。写真は重要文化財「四季花鳥図」(狩野元信、室町時代、京都・大仙院蔵、本場面は10月18日~11月5日まで展示)

 ◇16日[土]~11月5日[日]、東京・六本木の東京ミッドタウン内
  サントリー美術館(03-3479-8600)。午前10時~午後6時
  (金、土曜、17日、10月8日、11月2日は午後8時、
   9月30日は六本木アートナイトのため午後10時まで
   入館は閉館の30分前まで)
  火曜休館(10月31日は開館)、会期中展示替えあり

 ◇一般1300円、大学・高校生千円、中学生以下無料

(サントリー美術館、朝日新聞社主催)