「長谷川等伯障壁画展」永青文庫で開催

 旧熊本藩細川家に伝わる美術品を所蔵・展示する美術館、永青文庫(文京区目白台)で、桃山時代を代表する絵師、長谷川等伯の貴重な障壁画全32面=写真は「禅宗祖師図(部分)」前期展示=を2期に分けて特別公開。これらは京都・南禅寺の塔頭(たっちゅう)で細川家に縁のある「天授庵」に伝来、重要文化財に指定されています。

 ◇前期= 9月30日[土]~10月29日[日]
  後期=10月31日[火]~11月26日[日]
  午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

  月曜、10月10日[火]休館(10月9日[月][祝]は開館)
  一般1千円、70歳以上800円、大学・高校生400円
  問い合わせは永青文庫(03-3941-0850)

 (永青文庫、朝日新聞社主催)