世界を魅了するラ・プティット・バンド

 古楽界の巨匠シギスバルト・クイケン=写真=率いるラ・プティット・バンドが、J・S・バッハの多彩な音楽を集めた演奏会を開催します。1972年の結成以来、古楽演奏のエキスパートが集い、繊細な表現で世界中の音楽ファンを魅了。今回は8人編成で管弦楽組曲第3番(弦楽合奏版)やチェンバロ協奏曲第5番、またソプラノを交えてカンタータ第204番などを演奏。バッハの神髄に迫ります。

 ◇10月11日[水]午後7時、12日[木]午後1時30分の2回公演
  東京・浜離宮朝日ホール。全席指定7500円
  問い合わせは朝日ホール・チケットセンター
  (03-3267-9990、[日][祝]除く午前10時~午後6時)

 (朝日新聞社主催)