第100回全国高校野球選手権記念大会、8月5日開幕

 朝日新聞社と日本高等学校野球連盟は、第100回全国高等学校野球選手権記念大会を8月5日から21日まで(雨天順延)、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催します。代表校は、例年2校が出場している北海道、東京に加え、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡の7府県からも2校ずつ出場。史上最多となる56代表校が出場します。

 開会式は5日午前9時から。今回も連日、小中学生らを無料招待する「ドリームシート」をバックネット裏に設けます。準々決勝翌日の19日は休養日とし、決勝は21日午後2時開始予定です。

 組み合わせ抽選会は2日午後4時から大阪市北区のフェスティバルホールであり、3回戦までの対戦を決めます。今回は代表校数が多いため、入場証をもつ代表校関係者のみが抽選会場に入場できます。準々決勝以降の組み合わせは、3回戦、準々決勝にそれぞれ勝ったチームが試合直後にくじを引いて決めます。

 バックネット裏の中央特別指定席などの入場券前売りに関するお知らせは6月中旬に紙面掲載します。

 この大会は、1915(大正4)年、大阪・豊中グラウンドで始まり、野球を通じた青少年の健全育成を目的にしています。代表校を決める地方大会は6月下旬から始まります。

 <主  催> 朝日新聞社、日本高等学校野球連盟
 <後  援> 毎日新聞社
 <特別協力> 阪神甲子園球場

関連リンク「バーチャル高校野球」