仲道郁代とミュンヘンフィル首席が共演

 人気ピアニストの仲道郁代=写真右=とミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団首席フルート奏者のミヒャエル・コフラー=同左=によるデュオコンサートを開催します。「音楽の真珠」をテーマに、モーツァルトやプーランクのソナタ、シューベルト「アルペジョーネ・ソナタ」、シャミナード「コンチェルティーノ」などを演奏。仲道が、ミュンヘン留学時代からの盟友コフラーと、息の合ったアンサンブルを届けます。

 ◇12月3日[月]午後1時30分、東京・浜離宮朝日ホール
  全席指定4500円、6月12日[火]発売
  申し込みは、朝日ホール・チケットセンター
  (03・3267・9990、[日][祝]除く午前10時~午後6時)

(朝日新聞社主催)