社内表彰制度「SDGs大賞」を新設

受賞第1号は
― 闘病の子どもたちに「VRどうぶつえん・すいぞくかん」― に決定

 SDGsに賛同する朝日新聞社は、達成に向けて優れた取り組みをした本社グループの個人・団体に贈る社内表彰制度「SDGs大賞」を2017年に新設し、このほど初の大賞が「闘病の子どもたちに『VRどうぶつえん・すいぞくかん』」プロジェクトに決定しました。

 「SDGs大賞」は、2002年度に始まった社内表彰制度「CSR(旧CS)推進賞」の部門賞です。SDGsに対する社内の理解を深めるとともに、持続可能な社会の実現に向けた本社の取り組みを加速させる目的で設けられました。日本のメディアでも先駆的な試みです。

 「VRどうぶつえん・すいぞくかん」は、簡易ゴーグルとスマートフォンを組み合わせたVR(バーチャルリアリティー=仮想現実)機器で朝日新聞デジタルの人気コンテンツいきもの目線 360度動画 を見てもらい「動物園や水族館にいるような体験」を提供するものです。トラやライオンが隣にいるように感じられたり、サメがうようよ泳ぐ海に潜ったり。餌をかじる音や水のはねる音もすぐ耳元で聞こえます。

 2017年7月と11月に横浜市立浦舟特別支援学校で行われた出張授業では、同校のほか、横浜市、横浜・八景島シーパラダイス、よこはま動物園ズーラシアに、講師派遣などで無償協力していただきました。参加した小中学生からは「世界観に入り込めて、これがVRかと思った」「本当に動物園に行った気持ちになった」などの声が聞かれました。

 社内選考会では、SDGsの理念である「誰も取り残さない」につながる、明快な取り組みである点などが高く評価されました。他校からも問い合わせが寄せられるなど、今後の展開にも期待が高まります。

(2017年12月12日)