現在位置:asahi.com>文化・芸能>コラム>小原篤のアニマゲ丼> 記事

小原篤のアニマゲ丼

息子もグッスリ? 童話「カネゴン」

2007年11月19日

 息子の話です。私事ですみません。

写真

「怪獣画廊」(95年、メディアワークス)。残念ながら現在は絶版

写真

「カネゴン描いてみてよ」と息子に言ったらこんなのが。「ウェブに流すの?はずかしーっ!」だって

写真

「ウルトラQ」DVD第4巻には第15話「カネゴンの繭」が収録されている

 とある夜、これから寝ようという息子(3歳)が私のところへ「これ読んで」と来ました。ふだんは母親と寝床に入るのですが、たまにご指名がかかります。「あいよ」。しかし、息子が差し出した本はと見ると、「怪獣画廊 開田裕治作品集」。絵本じゃないじゃん。

 開田裕治さんは日本一の怪獣絵師です。ゴジラやガメラ、ウルトラシリーズの怪獣たちを、まさに「これしかない」というカッコいいポーズと構図で見せてくれます。着ぐるみのしわや素材感、電飾っぽい眼光を巧みに描き込むことで、空想の存在である「怪獣」の理想型と、テレビで見た着ぐるみの「怪獣」のリアルさを共存させるという離れ業をやってのけます。その開田さんがレーザーディスク(LD)のジャケットなどに描いた怪獣イラストを集めた画集が、この「怪獣画廊」です。

 DVD、マンガ、アニメ・特撮系の本が並ぶ私の本棚を、息子にはふだんから勝手にいじらせていたのですが、奇妙なことに(奇妙でもないか)彼は特撮系の本にいたく関心を示し、この「怪獣画廊」はお気に入りの一冊。開田裕治好きの3歳児というのもオツなもんだわい、と思いつつ、布団に入ります。

 「これは?」「ペギラ。口から冷凍光線を吐く」

 「これはジャミラ?」「そう。本当は宇宙飛行士だったの」

 パラパラとページをめくりつつ、バルタン星人の「フォフォフォフォ」の口まねなどをしてやりますが、テキは一向に寝る気配なし。だいたい本当に寝る気があるなら、母親に普通の絵本を読んでもらうのではないだろうか…。

 「これは?」「キングジョー。体がバラバラになるロボット」

 「これは?」「グドンとツインテール。ツインテールの肉はエビの味がするんだって」「へぇー」

 ラチがあきません。仕方なくお話をすることにしました。しかし何を…と思案してページをめくると、夕日をあびて黄昏(たそが)れるカネゴンの絵が。これでいくか。

 あるところに、おカネの大好きな男の子がいました。

 ある日のこと、振るとおカネの音がするふしぎなマユを拾いました。

 よろこんで家に持ち帰りましたが、男の子は大きくなったマユの中に飲み込まれてしまいました。

 マユから出てきたらなんとビックリ、男の子は、大きな口に飛び出た目の、怪獣カネゴンになってしまいました。

 おお、なんだか童話っぽい!

 急ごしらえ、うろ覚えの童話「カネゴン」を語り終えましたが、寝る気配なし。「やっぱりママと寝る」と行ってしまいました。考えてみれば、私に「読んで」とせがむのは、「ゴジラ大辞典」(かなりマニアックな百科)だったり、「仮面ライダーV3」LDボックスのパンフレット(写真が豊富)だったり。絵本など持ってきません。合わせてくれているのは息子の方なのかも。

 これは2年余り前の話。息子はいま5歳、「恐竜キング」に夢中です。

プロフィール

小原 篤(おはら・あつし)
1967年、東京生まれ。91年、朝日新聞社入社。99〜03年、東京本社版夕刊で毎月1回、アニメ・マンガ・ゲームのページ「アニマゲDON」を担当。07年からデジタルメディア本部WEB編成セクションに在籍、アサヒ・コム「コミミ口コミ」欄でアニメ記事などを発信中。

PR情報

このページのトップに戻る